2021年 考えられるリスクを評価する

新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備える」の難しさ、2021年のリスク評価のポイントをご紹介します。

※個人でご利用をご希望の場合、「ニュース速報」特化型アプリNewsDigest(ニュースダイジェスト)のダウンロードをご検討ください。