昭和57年長崎大水害を振り返る

「まさか住民が避難しないなんて!」「まさかこんなに雨が降るなんて!」全くの想定外が起こるのが昨今の災害の特徴です。しかし、過去の歴史を振り返ってみると、何度も「想定外」は起きています。例えば1時間降水量をみると、今から約38年前の1982年(昭和57年)7月23日に記録した長崎県長崎市長浦岳 (アメダス)の153mmが歴代最高記録となっています。人は過去から学び、再び起こる「想定外」に対応し、危機を乗り越えます。では、長崎大水害ではどのような学びがあったのでしょうか?本資料では長災害水害の記録をまとめた内閣府の資料を用いて「今こそ学べる教訓」を発見します。

こんなことがわかります

  • 昭和57年7月豪雨の被害状況

  • 大雨洪水警報の反応

  • 災害から得られる教訓

※個人でご利用をご希望の場合、「ニュース速報」特化型アプリNewsDigest(ニュースダイジェスト)のダウンロードをご検討ください。

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら