内閣府「BCP/防災実態調査」で⾒る⽇本の10年の変化

2020年3月に内閣府が発表した「令和元年度企業の事業継続及び防災の取組に関する実態調査」では、2019年時点で大企業のBCP策定状況は68.4%が「策定済み」であると明らかになりました。この10年間で日本のBCP/防災はどのように変化したのでしょうか。

こんなことがわかります

  • 内閣府「BCP/防災実態調査」の概要
  • 10年間での日本のBCP/防災の変化

  • 大企業と中堅企業のBCP/防災に対する姿勢の違い

※個人でご利用をご希望の場合、「ニュース速報」特化型アプリNewsDigest(ニュースダイジェスト)のダウンロードをご検討ください。

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら