スマホ画像

リスク事例資料公開中

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

要因自体を排除するリスク回避の概要とリスクマネジメントの重要性

リスクによる影響を最小限に抑えるためにはリスクマネジメントによって、的確な対応を定めておくことが重要ですが、これから初めてリスクマネジメントに取り組もうと考えている企業担当者の中には、リスク回避をどのように捉えて良いのか困っている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事ではリスクマネジメントを行う意義とリスク回避の概要、リスク回避以外の主なリスク対策などを説明していきます。

この記事を読むことでリスクマネジメントに基づく的確な対策を導入する上でのヒントが分かるので、ぜひ最後まで読み進めてください。

事業を守るためにリスクマネジメントが重要な理由

リスクマネジメント(Risk management:リスク管理)とは、災害や事故、操作ミスなど企業を取り巻くリスクを特定した上で事業への影響を最小限に抑えるための対策に講じる手法のことであり、サイバーテロや情報漏洩など年々リスクは複雑化しているため、リスクマネジメントの重要性は増しています。

もしリスクマネジメントを行わなければ、事業の潜在的なリスクに気づけないことで的確な対策を導入できず、有事の際に想定外のリスクとして発生し、混乱によって事業への被害が拡大してしまうばかりか、最悪はその後の事業継続が困難になるおそれがあるのです。

事業継続を行う上ではリスクマネジメントの実施が必要不可欠であるため、事業を守るためにも平時のうちにリスクマネジメントでリスクの特定と的確な対策の導入を済ませておきましょう。

詳しくリスクマネジメントを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

防災お役立ち資料集
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

リスクの要因を排除するリスク回避

リスクマネジメントで特定したリスクの対策は、リスクコントロールとリスクファイナンスに分類されており、さらにその対策も細分化されていますが、リスクコントロールの1つにリスク回避という方法があります。

リスク回避(Risk avoidance)とは、発生すると予想されるリスクを回避するために、撤退や破棄などによってリスクの要員そのものを排除するリスク対策のことであり、事業への影響を防ぐためには、例えば以下のようにリスク回避を行います。

  • 津波や高潮による水害の被害が大きい場所に工場を構えており、被災した場合の損失が計り知れないため、水害が起きない別の安全な場所へ工場を移転させる
  • 新事業の展開を検討していたところ、失敗した場合に利益よりも損失の方がはるかに上回るため、新事業の展開そのものを断念する
  • 製造した製品の致命的な不具合の報告を受け、顧客からの信用低下が大きいため、該当製品の製造を中止する
  • 自社内では取得した個人情報を流出させてしまうリスクがあるため、個人情報を破棄する など

どのような場合でもリスク回避を選んでしまうと状況によっては利益が出せない原因にもなりかねないため、事業の目的を達成する上でのリスクとリターンのバランスを考慮しながら、慎重にリスク回避を選択する必要があります。

リスク回避以外にもあるリスクへの主な対応

事業に影響を与えるリスク対策には、リスク回避以外にも損失防止やリスク移転など、様々な方法があり、リスクの特性に応じて最善と考えられる対策に取り組む必要があります。

リスクマネジメントにおけるリスク対策のリスク回避を除くリスクコントロールとリスクファイナンスの対策は、それぞれ以下のとおりです。

【リスクコントロール】
▼損失防止
リスクによる損失を防止、またはリスクの発生頻度を下げる対応
▼損失削減
発生するリスクによる影響を低減するための対応
▼分離・分散
リスク源が集中する事態を防ぐために、リスクを複数箇所に分散させる対応

【リスクファイナンス(リスクファイナンシング)】
▼移転
保険への加入など、発生するリスクを第三者へ移転させる対応
▼保有
発生するリスクを把握しながらも、特に対応しない方法で、対策にかかるコストよりも損失の方が小さい場合に選ぶ

今回は簡易的な説明となりましたが、詳しくリスクマネジメントにおける対応を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

リスク回避を行うかどうかの目安になるリスクマップ

リスク回避を優先して行うべきリスクかどうかを判断するためには、リスクマップ(リスクマトリクス)が役立ちます。

リスクマップとは、リスクマネジメントで特定したリスクの発生頻度と発生した際のリスクの影響度を記載した図表のことであり、縦軸にリスクの影響度と横軸にリスクの発生頻度を記載し、5段階でリスクの等級を決めていきます。

リスクマップでリスクの等級を決めていけば、優先して対処すべきリスクの可視化によって、的確な対応を決めやすくなるので、リスクマネジメントを行う上で活用すると良いでしょう。

今回は簡易的な説明となりましたが、詳しくリスクマップ を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

防災お役立ちeBook無料ダウンロード
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

リスクマネジメントにおけるリスク回避はリスクの要因そのものを取り除くという対策であるため、リターンとリスクを天秤にかけた上でリスクの方が明らかに上回っており、他に対策しようがない場合に選ぶことが望ましいです。

この記事を参考にして、リスクマネジメントの理解を深めて、事業を守るために平時のうちに最善と考えられる対策を導入しておきましょう。

関連お役立ち資料集

×

自然災害や事故などオールリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像