あいおいニッセイ同和損害保険「タフ・すまいの保険アプリ」に AIリスク情報の配信を開始

株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米重克洋 以下「当社」)は、MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長: 新納 啓介)が、2022 年 10 月より、個人向け火災保険「タフ・すまいの保険」の契約者向けにあらたに提供する「タフ・すまいの保険アプリ」に対して、SNSビッグデータとAIを活用したリスク情報の配信機能を提供いたします。


アプリとFASTALERTの連携イメージ(写真内の事象は架空のものです)


タフ・すまいの保険アプリとの連携詳細

「タフ・すまいの保険アプリ」では、災害時の避難準備・避難開始をサポートするほか、平時の 防災・減災や災害発生後の事故報告・保険金請求をサポートする機能が搭載されており、2022 年 10 月より、「タフ・すまいの保険」加入者に対して提供されます。
 「FASTALERT(ファストアラート) 」は、AI(人工知能)がSNSを中心としたビックデータから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し配信するサービスです。現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo.1の業界標準として全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。また、自社運営の無料ニュースアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」のユーザーからの目撃情報の投稿も活用し、精緻な位置情報を取得できることも強みとしています。

 この情報と、保険加入者がアプリ上で設定した居住地等を照合し、地域の災害情報をプッシュ通知する機能が、このたび提供されます。警報や避難指示等、大規模災害に対する備えだけでなく、地域の火災や事故、水害などを即座にSNSの投稿映像とともに認識し、防災・減災活動につなげていただくことが可能です。

 あいおいニッセイ同和損害保険は、「被害を未然に防ぐ」「被害を極小化する」といった「新しい安心のカタチ」をお届けすることで、「防災・減災が主流となる社会」の実現を目指し、その一環として、2021年より当社と業務資本提携を締結しております。 当社は引き続き、あいおいニッセイ同和損害保険とともに、データ・デジタル技術(DX)を活用 した共通価値創造(CSV)に資する商品・サービスの開発・提供で連携を深め、「レジリエントでサステナブルな社会」の実現に貢献してまいります。

参考:あいおいニッセイ同和損害保険からの発表(2022年8月1日)
https://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/pdf/2022/news_2022080101047.pdf

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら