catch-img

FASTALERT発災情報時空間ビッグデータ ESRIジャパン「GISデータストア」にて提供開始

株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米重克洋 以下「当社」)は、地理情報システム(GIS)ソフトウェア国内大手のESRIジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:正木千陽)が運営する「GISデータストア」において、当社の運営するAIビッグデータリスクセンサ「FASTALERT(ファストアラート)」の発災データの提供を開始いたしました。

FASTALERT発災情報時空間ビッグデータとは

「FASTALERT」は、AI(人工知能)がSNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し配信するサービスです。現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo.1の業界標準として全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。また、自社運営の無料ニュースアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」のユーザーからの目撃情報の投稿も活用し、精緻な位置情報を取得できることも強みとしています。

発災情報は位置情報とともに24時間リアルタイムに配信・蓄積されており、その膨大なデータを即時入手するのみならず、他のデータと重ね合わせて地図上で解析したいというご要望を、研究機関などから多数頂戴しておりました。

このたび、ESRIジャパンが運営するサービス上で気軽に活用できる体制ができることで、利活用の範囲が大きく広がります。


(図:ESRIジャパン「ArcGIS」上での利用イメージ)

利用方法:
「GISデータストア」からお問い合わせ、お見積りを取得いただけます。
https://www.gisdata-store.biz/product/fastalert
今後も当社は、ビッグデータを活用したリスク情報の利活用のシーンを拡大し、安心・安全な社会の実現に貢献してまいります。

■株式会社JX通信社について
JX通信社は、データインテリジェンス領域に取り組むテックベンチャーです。国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2020年2月16日より国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開し、各報道機関・メディア・研究機関にも情報を提供しています。
URL:https://jxpress.net

■FASTALERT(ファストアラート)について
「FASTALERT」は、AI(人工知能)がSNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し配信するWebサービスです。2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての⺠放キー局とNHKで採用。各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。 現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo.1の業界標準として全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。
URL:https://fastalert.jp

FASTALERT ®は、JX通信社の登録商標です。

■ESRIジャパン株式会社について
本社所在地:東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル
設立:2002年4月
代表者:代表取締役会長兼社長 正木 千陽
資本金:5,000万円
URL: https://www.esrij.com/
事業内容:GISソフトウェアの販売、及び関連サービス(保守、トレーニング、コンサルティングサービス)の提供

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら