catch-img

台風に伴う暴風域の危険性と暴風域がない台風も警戒が必要な理由


目次[非表示]

  1. 1.台風が事業にもたらす甚大な被害
  2. 2.台風における暴風域と発生する主な被害
    1. 2.1.暴風域になるおそれがある暴風警戒域
    2. 2.2.強風域
  3. 3.暴風域の危険性が高い場合に発表される暴風警報
  4. 4.企業における主な台風対策
    1. 4.1.BCP・防災マニュアルを策定しておく
    2. 4.2.タイムラインで防災行動を定める
    3. 4.3.防災グッズを備蓄する
    4. 4.4.ハザードマップを事前に確認する
  5. 5.リスク情報を早期把握できるFASTALERT
  6. 6.最後に
  7. 7.関連お役立ち資料集


台風の周囲に発生する暴風域に入った場合、状況によっては飛来物による負傷などの被害を受けるおそれがありますが、これから台風対策を徹底しようと考えている企業担当者の中には暴風域がどういった状態なのか十分に把握していない方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では台風における暴風域の基礎知識と発生する主な被害、企業における主な対策などを説明していきます。

この記事を読むことで暴風域の理解が深まり、的確な台風対策を導入する上でのヒントが分かるので、ぜひ参考にしてください。

  新たなる脅威・線状降水帯〜過去実績から考える災害の爪痕、求められる対策〜 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


台風が事業にもたらす甚大な被害

7月〜10月にかけて、日本では頻繁に台風が発生していますが、毎年のことだからと十分な対策をしていない状態で直撃してしまった場合は、事業に以下の深刻な被害をもたらしてしまうおそれがあります。

  • 台風やそれに伴う豪雨による水害などによって、オフィスや工場、設備などが損傷し、休業を余儀なくされてしまう
  • サプライチェーンが途絶し、出荷や供給が一時的にできなくなってしまう
  • 休業とサプライチェーンの途絶によって、納期遅延やそれによる契約上のペナルティ、顧客離れが発生してしまう
  • 台風や水害によって電柱・電線などの電力設備が損傷することで停電が発生し、業務が中断されてしまう
  • 十分な台風対策を導入していなかったことに対するステークホルダーからの批判と信用低下 など

最悪の場合は、被害の拡大に伴って莫大な復旧コストが発生することで、復旧の目処が立たずに倒産へ繋がってしまうおそれがあるので、事業に悪影響を及ぼすリスクから企業を守るために平時のうちに可能な限りの防災対策を導入しておくことが重要です。

台風における暴風域と発生する主な被害

暴風域とは、平均風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性のある領域のことであり、台風の周辺で発生するのが特徴で、あくまでも平均風速であるため、瞬間的にはそれ以上の風速が発生してしまう場合があります。

気象庁が発表する「風の強さと吹き方」において、暴風域は20m/s〜30m/s未満の非常に強い風に含まれており、特に平均風速が強い場合は屋外での行動が極めて危険な状態になります。

暴風域は主に以下のリスクをもたらしてしまうおそれがあるため、暴風域に入ることが発表されている場合は、最善と考えられる防災行動を直ちに開始しましょう。

  • 外に置いてあった看板や屋根瓦などが飛来物となり、重軽傷を負ってしまう
  • 通常どおりに自動車を運転することが難しく、平均風速が強い場合はトラックなどが横転する
  • 細い木や根の張っていない木が倒れ始め、電線・電柱が損傷することで停電が発生してしまう など

台風の状況によっては暴風域がない場合もありますが、油断は禁物であり、暴風域がなくとも台風による暴風や豪雨などの災害は発生してしまうため、細心の注意を払わなければなりません。

  今日から実践!台風の脅威に備える | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 一般的には、7月ごろから台風の発生回数が増え、10月ごろまで断続的に発生し続けると言われています。台風の襲来に、どのような「備え」が求められるでしょうか。今回は、一般的に語られる被害と対策について、数枚のスライドにまとめました。参考になれば幸いです。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


暴風域になるおそれがある暴風警戒域

暴風警戒域とは、暴風域に入るおそれがある範囲のことであり、暴風域に注意する上では報道などで事前に把握しておく必要があります。

台風の接近が発表されている場合は、報道などの台風進路図で赤い囲み線の暴風警戒域や台風・暴風域の中心が予報時刻に到達する範囲を示した予報円を十分に確認しておきましょう。

詳しく台風進路図を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

強風域

強風域とは、台風や低気圧の周囲で吹く平均風速15m/s以上の風、またはこの風速の風が吹く可能性がある領域のことです。

暴風域よりも危険性は低いものの、気象庁の「風の強さと吹き方」で強風域は、15m/s〜20m/s未満の強い風に該当し、以下のリスクがあるため、十分に注意しなければなりません。

  • 風に向かって歩けなくなり、転倒してしまう場合がある
  • 電線が鳴り始め、看板や屋根瓦などが外れ始める
  • 高速道路で自動車を運転中に横に流される感覚が大きくなる など
  昭和57年長崎大水害を振り返る | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 「まさか住民が避難しないなんて!」「まさかこんなに雨が降るなんて!」全くの想定外が起こるのが昨今の災害の特徴です。しかし、過去の歴史を振り返ってみると、何度も「想定外」は起きています。例えば1時間降水量をみると、今から約38年前の1982年(昭和57年)7月23日に記録した長崎県長崎市長浦岳 (アメ… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


暴風域の危険性が高い場合に発表される暴風警報

暴風域によって被害を受ける危険性が高まっている場合は、暴風警報が発表されるので、安全確保のために防災情報で状況を把握した上で、的確な防災行動をすみやかに開始しましょう。

また、暴風警報は、暴風によって重大な災害が発生するおそれがある場合に発表されますが、暴風による被害は地形や建築物などに大きく影響されるため、発表されるタイミングの風速の基準値は市町村ごとに異なります。

そのため、迅速に防災行動を開始するためには、あらかじめどの基準に達すると暴風警報が発表されるのかを確認しておきましょう。

  出水期直前に振り返る、20年九州豪雨では何が起きていたか? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


企業における主な台風対策

台風が直撃してしまった場合は、事業活動に甚大な被害を受けるおそれがあるため、平時のうちに対策しておく必要があります。

この章では、企業における主な台風対策を説明していくので、これから台風対策に取り組もうと考えている企業担当者はぜひ参考にしてください。

BCP・防災マニュアルを策定しておく

台風や暴風域に巻き込まれてしまう場合に備えて、あらかじめBCP・防災マニュアルで最善と考えられる対応を定めておきましょう。

BCPとは、台風を含む災害や事故などの企業におけるリスク発生時に事業への影響を最小限に抑え、事業の継続または早期復旧を図るための計画のことであり、事前にリスク発生時に行う最善と考えられる対応を定めておくのが特徴です。

初動対応の行動基準としても役立つBCP・防災マニュアルですが、いずれも策定していない状態で被災した場合は、的確な行動をすみやかにできないことで被害が拡大してしまうおそれがあるため、平時のうちに策定しておきましょう。

詳しくBCPを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

  企業におけるBCP(事業継続計画)の概要と導入する必要性 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では企業の防災担当者のためにBCPの概要とその必要性などを説明していきます。BCPを策定する意義が分かるので、ぜひご覧ください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  BCP4.0 次代のレジリエンス経営 JX米重×KPMG浅沼様 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | ※当記事は、日本経済新聞出版の許諾を得て転載しています。 掲載日:2021年6月21日 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


タイムラインで防災行動を定める

台風やそれに伴う豪雨による水害は、発生から被災するまでにタイムラグがあるため、BCP・防災マニュアルだけでなく、タイムラインも策定しておきましょう。

タイムライン(防災行動計画)とは、災害発生時の状況に基づく時系列に沿った防災行動を定めた計画のことであり、台風や水害など被災するまでにタイムラグがある災害に対して、特に有効です。

災害発生時をゼロアワー、被災するまでの時間や防災行動に要する時間をリードタイムに設定しますが、災害発生時は何が起こるのか分からず、臨機応変に対応することも求められるため、1つの基本方針として捉えると良いでしょう。

今回は簡易的な説明となりましたが、詳しくタイムラインを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

  タイムライン(防災行動計画)が災害対策として役立つ理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事ではタイムライン(防災行動計画)の基礎知識と導入する3つのメリット、具体的な作成方法などを説明しています。この記事を読むことできちんとタイムライン(防災行動計画)を導入できるようになるので、ぜひ読み進めてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


防災グッズを備蓄する

台風や豪雨による水害によって、避難生活を余儀なくされた場合に備えて、事前に防災グッズを備蓄しておきましょう。

一般的に電気・水道・ガスのライフラインの復旧や人命救助が落ち着くまでに3日程度かかると言われているものの、水位上昇によって河川の近隣地域が氾濫する外水氾濫が発生した場合は復旧対応と避難生活が長期化してしまうおそれがあります。

状況によっては、サプライチェーンの途絶によって食糧などがすみやかに避難所に届かないおそれもあるため、1週間分以上の防災グッズを備蓄しておきましょう。

企業に防災グッズの備蓄が求められている法的な理由や防災グッズの種類を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

  3日分の非常食などの防災グッズが企業に求められている理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では3日分の非常食の備蓄が求められている理由と用意しなかった場合の企業のリスクなどを説明していきます。3日分の非常食が必要な理由が分かるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  万が一のために本当に必要な防災グッズの種類とリスト一覧 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では備蓄するべき防災グッズの概要と必要な防災グッズのリストなどを説明していきます。この記事を読むことで防災グッズの理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


ハザードマップを事前に確認する

台風に伴う豪雨が引き起こす水害や土砂災害のリスクを把握するために、あらかじめハザードマップを確認しておきましょう。

ハザードマップとは、過去に発生した災害履歴に基づいて、災害発生時の状況や被災する範囲、安全な避難場所などを記載した地図のことであり、水害や土砂災害、地震など災害の種類別に国土交通省や自治体によって公開されています。

ただし、あくまでも予見に過ぎず、状況によっては安全とされていた場所も被災してしまうおそれがあるため、1つの目安として参考にした上で最新の防災情報を常に把握するようにしましょう。

  ハザードマップはなぜ重要か?〜あらゆるリスクは「まさか」を上回って襲う〜 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

台風の周囲で発生する暴風域は、特に風速が強いと走行中のトラックが横転するなど非常に危険な状態に陥ってしまうため、台風対策の一環として平時のうちに可能な限り、対策しておく必要があります。

この記事を参考に、台風における暴風域への理解を深めて、台風の発生に十分に備えておきましょう。

関連お役立ち資料集

  新たなる脅威・線状降水帯〜過去実績から考える災害の爪痕、求められる対策〜 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  今日から実践!台風の脅威に備える | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 一般的には、7月ごろから台風の発生回数が増え、10月ごろまで断続的に発生し続けると言われています。台風の襲来に、どのような「備え」が求められるでしょうか。今回は、一般的に語られる被害と対策について、数枚のスライドにまとめました。参考になれば幸いです。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  昭和57年長崎大水害を振り返る | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 「まさか住民が避難しないなんて!」「まさかこんなに雨が降るなんて!」全くの想定外が起こるのが昨今の災害の特徴です。しかし、過去の歴史を振り返ってみると、何度も「想定外」は起きています。例えば1時間降水量をみると、今から約38年前の1982年(昭和57年)7月23日に記録した長崎県長崎市長浦岳 (アメ… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  出水期直前に振り返る、20年九州豪雨では何が起きていたか? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  ハザードマップはなぜ重要か?〜あらゆるリスクは「まさか」を上回って襲う〜 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス



AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら