スマホ画像

災害事例資料を限定公開

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

内水氾濫が及ぼす企業への深刻な悪影響と外水氾濫との違い

集中豪雨に伴って内水氾濫が発生した場合、サプライチェーンの寸断など企業に深刻な悪影響をもたらすおそれがあるため、普段から対策しておく必要がありますが、どのような対策をすれば良いのか困っている企業の担当者もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では内水氾濫の基礎知識と外水氾濫との違い、主な対策などを説明していきます。

この記事を読むことで内水氾濫に対してどのように備えるべきなのかが分かるので、ぜひ参考にしてください。

集中豪雨に伴って発生するおそれがある内水氾濫

内水氾濫とは、台風に伴う集中豪雨によって用水路やマンホールなどの排水能力を超過した場合に市街地が浸水してしまう災害のことで、豪雨を排水できないことで発生するため、近隣に河川がない場合でも内水氾濫が発生します。

特に市街地は地面がアスファルトやコンクリートで覆われているため、雨水が地面に浸透しづらい構造になっており、集中豪雨が発生すると短時間で内水氾濫に繋がるリスクがあるのです。

排水路などの雨水処理能力の向上などハード面での防災対策も進められていますが、内水氾濫が発生した場合は、以下のリスクによって事業継続に深刻な被害を受けてしまうため、平時から対策に取り組まなければなりません。

  • オフィスや工場などが浸水したことによる操業停止
  • 浸水による重要な設備や機器の損傷、データの破損
  • 浸水に伴うサプライチェーンの寸断
  • 復旧対応が長期化することによる顧客離れとビジネスチャンスの喪失
防災お役立ち資料集
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

外水氾濫との違い

内水氾濫と似た言葉に外水氾濫がありますが、そのメカニズムは明確に異なります。

外水氾濫は集中豪雨などが原因で堤防から河川の水が溢れ出て、周辺の地域が氾濫してしまう災害のことですが、内水氾濫は用水路などの排水能力を超えることで氾濫する災害であり、近隣に河川がない場合でも発生するのです。

外水氾濫が発生すると河川周辺の地域だけでなく、広範囲にわたって被災するおそれがあり、水が引いた後も泥が残されるため、内水氾濫よりも復旧対応が長期化する傾向があります。

内水氾濫の危険性を確認できるハザードマップ

近隣の地域の内水氾濫リスクを把握するために、あらかじめハザードマップを確認しておきましょう。

ハザードマップとは、過去の災害履歴に基づいて災害の発生状況や範囲、安全な避難場所などを記載した地図のことであり、自治体や国土交通省によって水害や地震など災害の種類別に用意されています。

内水氾濫に備える上でも役立ちますが、あくまでもハザードマップは予見に過ぎず、状況によっては安全とされていた場所も被災してしまうおそれがあるため、1つの目安として考えると良いでしょう。

今回は簡易的な説明となりましたが、さらに詳しくハザードマップを知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

ハザードマップがリスクの特定で重要な理由とその基礎知識

企業における内水氾濫・外水氾濫対策

内水氾濫や外水氾濫に備えて、企業はどのような対策に平時から取り組んでおけば良いのでしょうか。

この章では企業における主な内水氾濫・外水氾濫対策などを説明していくので、企業の担当者はぜひ参考にしてください。

BCP・防災マニュアルを策定しておく

内水氾濫や外水氾濫が発生した場合に備えて、企業を守るために平時にBCP・防災マニュアルを策定しておきましょう。

BCPとは、災害や事故など企業におけるリスクが発生した際にその影響を最小限に抑え、事業の継続または早期復旧を図る計画のことであり、リスクに見舞われた際の対応を定めておきます。

もしBCPや防災マニュアルを策定していない状態でリスクが発生した場合は、混乱によって的確な対応ができずに被害が拡大してしまうおそれがあるので、企業を守るためには平時のうちに策定しておくことが大切です。

今回は簡易的な説明となりましたが、よりBCPを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

企業におけるBCP(事業継続計画)の概要と導入する必要性

防災グッズを備蓄しておく

内水氾濫や外水氾濫によってオフィスや自宅で避難生活を余儀無くされる場合があるため、社員が安全に過ごせるようにあらかじめ防災グッズを備蓄しておくことが大切です。

一般的に電気・水道・ガスのライフラインや人命救助が落ち着くまでに3日程度かかると言われているものの、広範囲にわたる災害によって復旧が長期化した場合は数が不足するおそれがあります。

そのため、3日分を必要最低限とし、余裕をもって1週間分以上の防災グッズを備蓄しておきましょう。

企業が防災グッズを用意するべき理由や防災グッズの種類を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

3日分の非常食などの防災グッズが企業に求められている理由

万が一のために本当に必要な防災グッズの種類とリスト一覧

大雨注意報・大雨警報などを確認する

内水氾濫は集中豪雨に伴って短時間のうちに発生する傾向があるため、素早く的確な防災対応を行えるように自治体などが発表する大雨注意報・大雨警報に注意を払うようにしましょう。

大雨注意報と大雨警報は、以下のタイミングで発表されますが、集中豪雨発生時は事態の急変によって発表が間に合わないおそれがあるため、身の危険を感じた際はすみやかに防災行動を開始することが大切です。

【大雨注意報】
1時間雨量が40mm以上で大雨による災害が発生すると考えられる場合に発表

【大雨警報】
1時間雨量が70mm以上で大雨による重大な災害が発生すると考えられる場合に発表

安全のために垂直避難する

内水氾濫発生時は浸水深(浸水の深さ)が浅くても歩行が困難になることで屋外への避難が危険な場合があるため、屋内での垂直避難を行うことが大切です。

垂直避難とは、建物の可能な限り高層階へ避難することであり、水が流れ込んでくる地下やアンダーパスなど標高が低い場所にいる場合は浸水が始まるのを待たず、すみやかに垂直避難を始めましょう。

ただし、氾濫が長期化した場合は今いる建物の中での避難生活を余儀無くされるため、垂直避難を検討する上ではあらかじめ食糧などの防災グッズも用意しておくのが望ましいです。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

防災お役立ちeBook無料ダウンロード
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

集中豪雨に伴って発生するおそれがある内水氾濫ですが、もし発生した場合は操業停止やサプライチェーンの寸断など事業継続に深刻な被害をもたらしかねないため、平時から可能な限り対策に取り組んでおくことが重要です。

この記事を参考に内水氾濫の理解を深めて、最善と考えられる対策を十分に導入しておきましょう。

関連お役立ち資料集

×

自然災害や事故などオールリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像