スマホ画像

災害事例資料を限定公開

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

損失を抑えるために必要な水害保険(水災補償)の重要性

台風に伴う豪雨による水害が日本では毎年のように発生していますが、十分に対策していても想定以上の被害によって深刻な状況へ陥るおそれがあるため、事前に水害保険に加入しておくことが望ましいです。

しかし、これから水害保険への加入を検討している場合は水害保険が対象とする範囲などを知らない方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では水害保険の基礎知識や一般的に対象となる範囲などを説明していきます。

この記事を読むことで水害保険の重要性を把握できるので、ぜひ参考にしてください。

水害に備えるためには水害保険(水災補償)の加入が重要な理由

豪雨や浸水などの水害や土砂災害による被害を最小限に抑えるために平時から可能な限りの対策を取り入れていたとしても、災害発生時は何が起こるのか分からないため、それでも被害が発生してしまうおそれがあります。

想定を上回る被災状況になった場合は、復旧対応が長期化するだけでなく、利益を出せない状況下で復旧コストが膨れ上がることで最悪は倒産などその後の事業継続を脅かす深刻な事態に陥りかねません。

こうした復旧コストを最小限に抑えるために事前の加入が重要になるのが水害や土砂災害による損失を補償する水害保険(水災補償)の存在であり、火災保険の基本補償である水災補償に加入することによって水害に備えられます。

各保険会社によって異なりますが、一般的には補償するにあたって以下の支払要件が定められており、水災発生時の損害額から免責額を引いた金額を保険金として受け取ることができます。

  • 建物や家財の再調達価額の30%以上の損失が発生した場合
  • 地盤面から45cm以上の浸水が発生した場合
  • 床上浸水が発生した場合

また、火災保険に加入するだけでは水害による補償が受けられず、事前に選んでおく必要があるため、火災保険加入時に水災補償も含まれているのかをよく確認しておきましょう。

防災お役立ち資料集
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

水害保険の対象となる範囲と例外

水害保険は、主に洪水・高潮・土砂崩れ・融雪洪水などの水災が対象となり、火災保険と同じく加入する際は建物・家財・建物と家財のいずれかを選ぶ必要がありますが、損失を可能な限り防ぐためには以下の建物と家財の両方を水害保険の対象に選択しておくことが望ましいです。

【建物】
建物や建物内の床や壁、固定された設備などに損失があった場合に補償される

【家財】
建物がある敷地内の家具や電化製品などに損失があった場合に補償される

水災であればどのような状況でも補償されるということはなく、雪害や建物内の水漏れ、地震による津波被害などは例外です。

地震による津波被害を受けるおそれがある場所にオフィスを構えている場合は、火災保険とセットで加入できる地震保険にも加入しておきましょう。

詳しく地震保険を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

防災対策としての保険が大切な理由と代表的な6種類の保険

水害保険の加入を考える上で役立つハザードマップ

水害保険に加入する前に、まずはハザードマップでオフィス周辺にどのような水害リスクがあるのかを確認しておくことが大切です。

ハザードマップとは、過去に発生した災害履歴に基づいて被災状況や範囲、安全な場所を記載した地図のことであり、国土交通省や自治体のHPで水害や土砂災害など災害の種類別に用意されています。

水害に関するハザードマップでは、浸水発生時の水の深さ、土砂災害が発生するおそれがある地域などが記載されていますが、ハザードマップは予見に過ぎず、状況によっては安全とされていた地域も被災してしまうおそれがあるのです。

そのため、あくまでもハザードマップは1つの目安として考えておきましょう。

詳しくハザードマップを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ハザードマップがリスクの特定で重要な理由とその基礎知識

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

防災お役立ちeBook無料ダウンロード
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

水害に限りませんが、災害発生時は何が起こるのかわからず、十分に対策していたとしても想定以上の被害によって復旧コストがかさんでしまうおそれがあるため、災害対策の一環として保険にも加入しておくことが重要です。

この記事を参考に水害に備えるために、最善だと考えられる水害保険への加入を検討しましょう。

関連お役立ち資料集

×

自然災害や事故などオールリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像