スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

地震が津波を引き起こす理由と地震がもたらす3種類の津波

地震が発生した場合、津波が発生するおそれがありますが、なぜ地震が津波を引き起こすのかあまり分からずに困っている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では地震が津波を引き起こすメカニズムや地震がもたらす3種類の津波、津波による主な被害などを説明していきます。

この記事を読むことで地震と津波の関係性が把握できるので、ぜひ参考にしてください。

地震によって津波が引き起こされるメカニズム

津波が発生する原因には、火山の噴火や陸上の斜面崩壊で土砂が海に落ちた場合などがあげられますが、一般的には地震によって津波が引き起こされます。

地震は海溝型地震と直下型地震(内陸型地震)の2種類に分類され、海溝型地震は海底にある海洋プレートが大陸プレートの下に少しずつ潜り込んでいき、この圧力による歪みが限界を超えると断層に亀裂が入ったり、大きく動くことで地震が発生することを指します。

そして、この海溝型地震につながる海底の断層運動が海底から海面までの海水を揺れ動かすことで、地震発生時の津波を引き起こしてしまうのです。

主には海溝型地震によって津波がもたらされますが、※直下型地震(内陸型地震)が海底で発生した際も地震後に津波が起きる場合があり、たとえ余震であったとしても断層を動かす揺れであれば、津波が襲来する危険性があるため、地震発生時は津波に関しても最大限の注意を払わなければなりません。

※海洋プレートがプレートの岩盤を圧迫し、この歪みによって地表面の岩盤やプレートの境界付近が破壊されることで発生する地震

防災お役立ち資料集
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

地震が引き起こす3種類の津波

地震が引き起こす津波は、状況によって地震津波・津波地震・遠地津波の3種類に分類されています。

それぞれの意味は、以下のとおりです。

【地震津波】
地震に伴って発生する津波全般のことであり、地震の規模に比例して津波の規模も大きくなる傾向がある

【津波地震】
地震の揺れが小さくても、規模の大きい津波が発生する現象。海底にある断層の破壊・変動が通常よりも緩やかに進むために地震の揺れは小さいが、通常とパワーは変わらずに大きな津波をもたらす

【遠地津波】
遠地で起きた地震によって、津波だけが襲来する現象。600km以上離れた海底で発生した地震が原因の津波と定義されている

津波地震は稀な現象であるものの、地震の揺れが小さいために津波は起こりえないと楽観視していると逃げ遅れなどによって取り返しのつかない事態に陥ってしまうおそれがあるため、地震発生時は常に津波の襲来も想定しておくことが大切です。

地震発生後に津波が襲来した場合の深刻な被害

津波は海底から海面までの海水が波となって陸地にある物を破壊しながら押し寄せていきますが、引く場合もパワーは衰えることがないため、短時間のうちに広範囲にわたって主に以下の深刻な被害が発生します。

  • 建物や車両など物の全半壊や浸水、流出
  • 溺死などの人的被害
  • 水道や電気、ガスなどライフラインの途絶
  • 漂流物の衝突やショートなどが原因で発生する津波火災
  • 公共交通機関や道路の麻痺など

地震発生時は、津波の漂流物になる建物の瓦礫などが散乱していることからさらに津波の破壊力が増してしまい、甚大な被害を受けてしまうおそれがあります。

企業の場合、事業活動の停止やサプライチェーンの途絶などによって企業の存続を脅かす事態に陥ってしまう危険性があるため、事業の拠点を分散させておくなどの対策を平時から行っておくことが望ましいです。

津波火災や地震・津波対策を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

地震による津波の危険性を伝える津波注意報・警報

地震による津波の襲来が予測される場合、地震が発生してから3分以内を目標に気象庁では津波注意報・津波警報・大津波警報を発表します。

通常、予想される津波の高さは、1m・3m・5m・10m・10m超の5段階で数値を発表しますが、マグニチュード8以上の巨大地震では正確な数値をすみやかに計算することができないため、高い、または巨大と表現して緊急事態であることを伝えています。

【津波注意報】
予想される津波の高さが0.2m〜1m以下の場合に発表され、海にいる場合は海岸から直ちに離れる必要がある

【津波警報(巨大地震の場合の発表:高い)】
予想される津波の高さが1m〜3m以下の場合に発表される。標高の低い地域では浸水被害の発生や人が巻き込まれるおそれがあるため、沿岸部や川沿いにいる場合は高台などの安全な場所へ直ちに避難する

【大津波警報(巨大地震の場合の発表:巨大)】
予想される津波の高さが3mを超える場合に発表される。木造家屋の全半壊などの被害が発生するおそれがあるため、沿岸部や川沿いにいる場合は高台などの安全な場所へ直ちに避難する

上記の津波に関する防災情報は地震発生後の3分以内を目標に発表されるものの、震源地が陸地に近い場合は津波の襲来までに発表が間に合わないおそれがあるため、身の危険を感じている場合は発表を待たずに防災行動を開始することが重要です。

また津波は1度だけではなく、複数回にわたって陸地に押し寄せてくるという特性を持ち、津波が引いたからと言って、避難する前にいた場所へ戻ることは大変危険なので、津波に関する防災情報が解除されるのを待ちましょう。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

防災お役立ちeBook無料ダウンロード
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

地震が発生した場合は、たとえ揺れが小さかったとしても津波が発生するおそれがあり、安全のためには前述した津波に関する防災情報を目安に直ちに防災行動を開始しなければなりません。

この記事を参考にして、平時から地震と津波対策を徹底し、不測の事態が発生した場合は、すみやかに防災行動を始めましょう。

無料の関連お役立ち資料集

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像