catch-img

【日本各地で大雪】2023年1月24日〜25日の豪雪災害レポート

2023年1月24日〜25日にかけて、日本各地で寒波に伴う大雪による被害が確認されています。

1月23日には国土交通省の緊急発表が行われ、暴風雪や路面凍結などの交通障害への警戒を呼びかけていました。また、気象庁も山口県を含む九州北部に暴風雪警報を発令するなど、普段雪の降らない地域にも、警戒を呼びかけていました。

24日から25日にかけて、岡山県真庭市蒜山で66センチ、京都市中京区で10センチの積雪を記録しました。また、東京・八丈島でも積雪を記録しました。この雪は、高速道路や電車の立ち往生、倒木など、甚大な被害を引き起こしました。また、気温が下がったことで路面凍結も相次ぎ、各地でスリップ事故が相次ぎました。

特に、電車の立ち往生についてはメディアでも取り上げられました。JR西日本は、大雪と強風の影響で列車が長時間運転を見合わせ、乗客に最大10時間程度車内の閉じ込めが発生したとして、会見を開き謝罪することとなりました。

JX通信社では、独自の技術を用いてこの災害の被害情報をリアルタイムで収集しました。

収集した被害情報は、「FASTALERT」を通じて自治体・官公庁、報道機関、民間企業へ提供しています。


>>JX通信社が提供するリスク情報サービス「FASTALERT」についてはこちら<<


弊社で収集した情報を中心に被害状況をレポートをまとめました。被災状況は以下のとおりです。

九州地方で降雪




JR西日本 京都線・琵琶湖線・湖西線などで立ち往生





新名神高速・名神高速での立ち往生




各地でスリップ





習志野、練馬の足場崩れる





各地で水道管凍結




各地で倒木





引き続き警戒を

積雪が収まった後も、路面凍結の可能性があります。中日本高速道路(NEXCO中日本)は冬用タイヤの装着やタイヤチェーンの携行、そして雪道での確実なチェーンの装着を呼びかけています。

また、雪がやんだ後の除雪作業での事故が相次いでいます。除雪作業の際は、2人以上で行うなど、安全確保に留意してください。(JX通信社/FASTALERT)

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら