スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

自然災害が断水が招く理由と断水に備えて行うべき主な対応

台風や地震などの自然災害の発生に伴って引き起こされることが多い断水ですが、中にはなぜ自然災害によって断水が誘発されるのか分からない方もいるでしょう。

そこで本記事では、自然災害が断水を引き起こす理由と断水が発生した際の悪影響、主な断水対策などを説明していきます。

この記事を読むことで断水に備えてどのように対応すれば良いのか分かるので、ぜひ読み進めてください。

台風などの自然災害に伴って断水が発生する理由

断水とは水道の給水が途絶されてしまう事態のことですが、計画断水以外にも台風や地震、水害などの災害発生時に断水が起きてしまうおそれがあるのです。

台風などの自然災害発生時は、以下の原因が複合的に絡み合うことによって、断水が発生する危険性があるため、被害を最小限に抑えるためには、自然災害対策だけでなく、断水に関しても備えておかなければなりません。

  • 老朽化で耐久性が低下した水道管の損傷
  • 給水施設や浄水場、送水設備などの損傷
  • 水害によって浄水場などが浸水被害を受ける
  • 貯水池に土砂が流れ込む
  • 停電に伴う断水 など

日本経済新聞が発表する「大阪北部地震の大規模断水、老朽水道管が引き金」で説明されているとおり、2018年の大阪府北部地震では一時的に約9万戸で大規模な断水が発生しましたが、その原因は耐用年数を10年以上経過した古い水道管の損傷が主な原因でした。

また、水道管の損傷以外にも停電によって断水が引き起こされる場合があり、浄水場などの施設が停電した場合は断水に繋がりますし、建物の3階以上は電力によってポンプを動かしているため、停電に伴って断水が発生してしまうのです。

防災お役立ち資料集
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

断水が発生した場合の悪影響

人体は60〜70%ほどの水分でできており、水を飲まなければ5日ほどで死に至ってしまうため、水は人が生きていく上で決して欠かすことのできない存在です。

人体から5%の水分が失われると脱水症状などが現れ、10%以上であれば生命に危険をもたらす事態に陥ってしまうので、自然災害発生時に伴う断水が起きた際に十分に備蓄などをしていなければ、安全に避難生活を送ることができないおそれがあります。

また断水発生時は、ほとんどの水洗トイレが機能しなくなり、対策を取っていなければ便器に排泄物が溜まることで感染症が蔓延する原因となる危険性があるのです。

断水発生時に給水を行う災害時給水ステーション

災害による断水の悪影響を最小限に抑えるために水道局では、老朽化した水道管の更新や耐震化などの対策が行われていますが、その一環として災害発生時に断水した際は災害時給水ステーションが設置されます。

災害時給水ステーションとは、災害によって断水した際に地域住民に応急給水するために設置される拠点のことです。

水道局のHPで災害時給水ステーションが設置される場所が公開されているので、断水に備えてあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

断水に備えて行う主な2つの対応

前述したように台風や地震などの自然災害が発生した場合は、それに伴って断水が誘発されてしまうおそれがありますが、断水に備えてどのような対策をしておけば良いのでしょうか。

この章では、主な断水対策を説明していくので、ぜひ参考にしてください。

備蓄水などを用意しておく

自然災害による断水に備えて、あらかじめ備蓄水・簡易トイレ・ポリタンクを用意しておきましょう。

一般的に水道が復旧するのに3日程度かかると言われていますが、大規模な災害発生時は復旧作業の長期化に伴って避難生活が長引くおそれがあるため、3日分を必要最低限とし、余裕をもって1週間分以上の備蓄水などを用意しておくことが望ましいです。

  • 備蓄水(21L:1週間分)
  • 簡易トイレ(63回分:1週間分)
  • 災害時給水ステーションで給水するためのポリタンク

今回は断水対策のための防災グッズを説明しましたが、避難生活に必要なその他の防災グッズも知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

万が一のために本当に必要な防災グッズの種類とリスト一覧

浴槽に水を溜めておく

飲用水だけでなく生活用水も必要になるため、台風や豪雨の発生が予想されている場合は、生活用水を確保するために浴槽に水を溜めておきましょう。

浴槽に溜めた水には風呂に入った後に残る垢などの雑菌が含まれるため、飲用水としては適していませんが、機能しなくなったトイレを流すなどの生活用水として活用することができます。

一般家庭の浴槽では200〜280Lの水を溜めることができるため、大量の生活用水を確保する際に役立ちますが、以下のいずれかに当てはまる場合は浴槽に水を溜めず、飲料水を多く用意するようにすることが望ましいです。

  • 小さな子供がいる家庭(子供が浴槽に転落し、溺死・溺水する危険性がある)
  • マンション(戸建てよりも排水管が損傷しやすく、排水できないおそれがある)

マンションで排水管の損傷によって排水できない状態であるにも関わらず、浴槽に溜めた水で無理に排水しようとすると階下の部屋が水漏れし、住民とトラブルになる可能性が高いです。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

防災お役立ちeBook無料ダウンロード
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

台風や地震などの発生時は断水が起きる危険性があり、十分に飲料水の備蓄などの対策を行なっていなければ、被災後の避難生活を安全に過ごせなくなってしまうおそれがあります。

この記事を参考に自然災害における断水の理解を深めて、災害対策の一環として普段から可能な限りの断水対策を行いましょう。

関連お役立ち資料集

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像