スマホ画像

災害事例資料を限定公開

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

損失を補償するための共済制度の基礎知識と保険との主な違い

災害や事故などの発生時に損失を抑えるために加入されている方も多い共済制度ですが、共済制度と保険の違いがいまいち分からずに困っている方も中にはいるのではないでしょうか。

そこで本記事では共済制度の概要や保険との違い、共済制度・保険に加入しなかった場合のリスクなどを説明していきます。

この記事を読むことで共済制度と保険の違いを把握できるので、ぜひ最後まで読み進めてください。

災害などの被害を減らすための共済制度

共済制度とは、非営利団体に加入した組合員同士が共同で定期的に掛金を支払って共同の資金を用意し、災害などの発生時に経済的な損失を補填できる制度のことです。

一口に言うと、組合員に災害などの損失が発生した場合に他の組合員全員が掛金で損失を補填する制度であり、非営利事業であるため、営利目的で経営されている民間の保険会社よりも掛金が安いという特徴があります。

民間の保険会社同様に共済制度の種類も幅広く、主には以下の種類が用意されています。

【人に関する共済制度】
病気やケガで入院・亡くなった時の補償金や教育費や年金などを支払う共済

【中小企業に関する共済制度】
取引先が倒産した時の損失を防ぐために貸付が受けられたり、従業員の退職金を積み立てられる共済

【建物に関する共済制度】
住宅やオフィス、店舗などの建物や建物にある家財による損害を補償する共済

【車に関する共済】
車や二輪車の交通事故などによる損害を補償する共済

防災に関する共済制度には、傷害共済や火災共済、建物と家財を補償する共済制度があり、防災対策の一環としても活用できます。

防災お役立ち資料集
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

共済制度と保険の違い

共済制度と保険は、似た仕組みであるものの、両者は以下の点で明確な違いがあるため、加入する前に共済制度と保険のどちらが適しているのかを十分に把握しておかなければなりません。

  • 保険は不特定多数が加入できるものの、共済制度は移住地や職業などの加入条件が設けられている場合がある
  • 通常は営利目的で運営されている民間の保険よりも共済制度の方がコストが安い
  • 保険はオプションなど幅広いが、共済制度は必要最低限の内容のみが用意されている傾向がある

不特定多数が加入できる民間の保険とは異なり、共済制度は農業協同組合法や消費生活協同組合法などの根拠法に基づいて加入方法や条件などが定められているため、事前に条件を満たしているのかを確認しておく必要があります。

また、民間の保険よりも共済制度の方が掛金が安いというメリットがある一方で受け取れる共済金も低い傾向があるため、保険と共済制度のどちらに加入するのかはよく検討しておきましょう。

共済制度と保険のいずれにも加入しなかった場合のリスク

災害や事故などのリスクによる損失を保障する共済制度と保険ですが、そのいずれにも加入していない状態で損失が発生した場合、建物の復旧費用や医療費などが大きな負担となることで結果的に損失が拡大してしまうおそれがあります。

例えば店舗などの被災時に未加入であったことが原因で復旧費用が支払えきれずに倒産へ繋がる事態に陥ってしまうケースもあるため、損失を最小限に抑えるという意味で防災対策に取り組みつつ、共済制度・保険のいずれかに平時から加入しておくことが望ましいです。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

防災お役立ちeBook無料ダウンロード
上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料集」のページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

災害や事故などのリスクはいつどこで発生するのか分からず、共済制度や保険に加入していない状態で被害に遭った場合は損失に対応しきれずに被害が拡大してしまう危険性があります。

この記事を参考に共済制度の理解を深めて、損失を抑えるために平時から共済制度や保険に加入しておきましょう。

関連お役立ち資料集

×

自然災害や事故などオールリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像