スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

IoTの活用で進化する今後の防災とその事例3選

Society5.0の実現に向けて、様々な企業や自治体で防災にAIやIoTの活用が始まっていますが、具体的にどのような取り組みがあるのか、どのようにIoTを防災に活用すれば良いのか悩んでいる担当者も少なからずいるでしょう。

この記事ではそんな方のために防災におけるIoTの現状と企業・自治体における主な取り組み事例を説明していきます。本記事を読むことで防災におけるIoTの理解が深まるので、特に企業・自治体担当者はぜひご覧ください。

日本政府が掲げるSociety5.0と防災におけるIoT

日本政府は「サイバー空間とフィジカル空間を融合させたシステムで経済発展と社会的課題の解決を両立させる」Society5.0の実現を掲げています。内閣府が発表する「Society 5.0 新たな価値の事例(防災)」によれば、Society5.0では人工衛星やドローン、建物センサーからのビッグデータをAIで解析し、安全な避難や迅速な救助などの防災が計画されています。

このSociety5.0における防災を実現するべく、様々な自治体や企業で防災にAIやIoTが活用され始めているのが現状です。具体的には、以下のIoTが防災で活用され始めており、これによって従来の防災よりもスムーズかつ網羅的な対応が実現できます。

  • AI
  • ビッグデータ
  • SNS情報分析システム
  • RPA
  • OCR など

防災でIoTを活用する企業・自治体の事例3選

では企業・自治体でどのような取り組みが行われているのでしょうか。この章では企業・自治体の事例を説明していくので、ぜひ読み進めてください。

福岡県糸島市のIot×G空間地域防災システム構築事業

福岡県糸島市では、九州大学附属アジア防災研究センターと連携してG空間情報システムと防災業務支援システムを組み合わせた「Iot×G空間地域防災システム構築事業」が実施されています。

このシステムはG空間情報(地図や位置情報など)をIoTと組み合わせることで、気象庁の災害情報や土砂災害区域などの防災情報をもとに災害の被害状況などを予測し、可視化できる仕組みです。

また東広島市が発表する「総務委員会行政視察報告」によれば、この福岡県糸島市のG空間地域防災システムでは住民から災害関連の情報を収集し、災害対策本部で検討した上で避難所や避難させるエリアも特定するとしています。

香川県高松市のIoTを活用した河川情報などの監視

「スマートシティたかまつ」プロジェクト ~防災分野における IoT の利活用~』によると、香川県高松市のスマートシティたかまつでは、IoTを活用して水位や潮位の情報や避難所の情報をリアルタイムに分析しているようです。

水位や潮位に関しては観測地点にセンサーを設置した上でダッシュボードで一元管理し、水位や潮位、降水量データを表示させることでリアルタイムで水位と潮位を監視できるほか、危険性の予測にも活用しているとしています。

また避難所の場合は、試験的にスマートフォンアプリを導入し、避難者数など避難所の状況を収集できる仕組みも開始しているようです。

応用地質株式会社の自治体向け災害対策情報提供システム

応用地質株式会社は、防災IoTセンサやKDDIの人口動態データ、トヨタ自動車のコネクティッドカーのプローブデータ、気象庁等の気象情報などを活用した自治体向け災害対策情報提供システムを開発しています。

この防災システムは河川や土砂災害危険箇所などはもちろん、人や車の動きによる危険の発生等をモニタリングすることで適切な避難指示や災害状況の把握などができるようです。

これによって自治体は適切な意思決定が迅速に行えるようになり、住民の安全確保がスムーズに実現できるとしています。

応用地質株式会社の防災IoTセンサを知りたい方は、JX通信社が行なった応用地質株式会社のインタビュー記事をご覧ください。

【インタビュー】「AIとIoTで熟練技術を継承する」応用地質が考える、これからの防災・減災

幅広いリスク情報をスムーズに検知できる「FASTALERT」

首相官邸が発表する「I.Society5.0 の実現」で説明されているとおり、Society5.0の具体的な施策として防災・災害対応にSNSやスマートフォンアプリも活用していくとしています。

実際に近年は長野県庁などのように様々な企業・自治体で災害発生時のSNSの投稿を収集・分析・対応が行われています。というのもSNSには発生した事象に関する投稿がリアルタイムで投稿されているケースが多く、迅速に災害の状況を把握することができるのです。

しかしリスクには自然災害だけでなく、システム障害や事故など多くの種類があり被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、それに比例してコストがかかっていきますし、人の目だけでの分析ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまうのです。

この問題を解決するために、コストを抑えつつも様々なリスク情報を迅速に収集するために多くの企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が具体的に把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報の一例
・業種別FASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

最後に

日本政府のSociety5.0を実現するべく、防災にIoTやAIの活用を行う企業・自治体が増えており、従来の防災からの変化が求められているのが現状です。スムーズに安全を確保するためにどのようなシステムを防災対策として導入するべきなのかを今後に備えて検討しましょう。

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像