catch-img

防災リテラシーが災害時に重要な理由と向上させる5つの方法


目次[非表示]

  1. 1.防災リテラシーとは
  2. 2.防災リテラシーを向上させる5つの方法
    1. 2.1.災害の種類を把握する
    2. 2.2.リスクマネジメントを行う
    3. 2.3.防災マニュアルを策定する
    4. 2.4.防災ゲームで対応を学習する
    5. 2.5.ハザードマップを確認しておく
  3. 3.災害による被害を最小限に抑える対策5選
    1. 3.1.防災グッズを確保しておく
    2. 3.2.オフィスなどに安全対策を行う
    3. 3.3.安否確認サービスを導入する
    4. 3.4.的確な情報収集を行う
    5. 3.5.保険に加入しておく
  4. 4.自然災害などリスク情報の収集やBCPで活躍するFASTALERT
  5. 5.まとめ
  6. 6.関連お役立ち資料集

地震や事故など災害の発生をきちんと予測していたとしても、予想をはるかに上回る被害状況へつながる場合が多々あります。

想定外の事態に陥った際に適切な対応をとるために重要なるのが防災リテラシーを向上させるための日頃のトレーニングです。

しかし、具体的にこの防災リテラシーを普段からどのように鍛えていけば良いのか分からないという方も少なからずいるでしょう。

今回はそんな方のために防災リテラシーの基本と防災リテラシーを向上させる具体的な方法、被害を最小限に抑えるための対策などを説明していきます。

この記事を読むことで適切に防災リテラシーを鍛えていくことができるため、ぜひ読み進めてください。

  巨大地震、火災、水害…自然災害から会社を守るには!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


防災リテラシーとは

Literacy

リテラシーとは「読み書きする能力やその知識」のことであり、そこから転じて現代では「培った知識を活用する力」という意味合いでビジネスシーンなどで使われています。

つまり防災リテラシーとは、「防災に関する正しい知識を持ち、災害発生時に適切な行動をとる力」のことです。

定期的な防災訓練を行なっているから防災リテラシーに関しては問題ないと思う方もいるかもしれませんが、それだけではこの防災リテラシーを必ずしも向上できるとは限りません。

同じシナリオを使い回すなど防災訓練そのものが形骸化していると想定外の事態が発生した場合に対応できなくなってしまいます。

そのため、どのような状況が起きたとしても冷静に対応できる防災リテラシーを向上させていく適切な訓練を行う必要があるのです。

防災リテラシーを向上させる5つの方法

震災

次に防災リテラシーを鍛えるための方法を具体的に説明しています。どれも参考になる情報ばかりなので、ぜひ読み進めてください。

災害の種類を把握する

まずは災害の種類をよく把握し、どのような災害が発生するおそれがあるのかを想定しておきましょう。災害には自然災害、人為災害、特殊災害の3種類に分類されており、それぞれの特徴は以下のとおりです。

【自然災害】
被災者生活再建支援法」によれば、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火などの自然現象によって引き起こされる災害が自然災害と呼ばれます。

【人為災害】
▼都市災害
火災や大気汚染、水質汚濁など
▼労働災害(産業災害)
労働が原因となって負傷したり、疫病にかかったりする災害
▼交通災害
車による交通事故や飛行機・船舶事故など
▼管理災害
機械などの操作ミスや管理の不備など
▼環境災害
水質汚染などの環境破壊によって生じる災害

【特殊災害】
▼Chemical(化学)
化学兵器や有害物質によって発生する災害
▼Biological(生物)
病原体や感染症などの災害
▼Radiological(放射性物質)
放射性物質の漏洩や原子力発電所の事故など
▼Nuclear(核)
核兵器を使ったテロ
▼Explosive(爆発)
事故やテロによる爆発

自然災害や人為災害はまだしも特殊災害の発生は通常では起こりえないと考える方もいるかもしれません。

しかし特殊災害に分類されるChemicalの一酸化炭素中毒やBiologicalに分類されるインフルエンザの集団感染は日本でも頻繁に発生しているので、十分に注意しておきましょう。

  3.11から10年。今考える「地震と被災とBCPと準備」 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


リスクマネジメントを行う

企業を取り巻くリスクから事業を守るためにリスクマネジメントを実施しましょう。リスクマネジメント(リスク管理)とは、損失を与えるリスクを特定し、被害を最小限に抑えるためのプロセスのことです。

リスクマネジメントでは、以下4つの手順で行います。

  1. リスクを洗い出す
  2. リスクを分析する
  3. リスクの対策を考える
  4. 定期的に改善する

このリスクマネジメントを1人の担当者に任せてしまうとリスクが偏ってしまう可能性があるため、必ずそれぞれの部署から何人かを選び複数人で行うようにすると良いでしょう。

またリスクマネジメントを一度実施したら、それで終わりにするのではなく、定期的に見直しし改善していきます。

というのもリスクは変化していくため同じ対策を使いまわしていると機能しないおそれがあるからです。

より詳しくリスクマネジメントを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  コロナ禍で大切なリスクマネジメントの基本と4つのプロセス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事ではコロナ禍におけるリスクマネジメントと実施する際の手順、リスク対応として行いたい防災対策などを紹介していきます。リスクマネジメントの理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  2021年 考えられるリスクを評価する | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


防災マニュアルを策定する

災害から従業員や事業所を守るために必ず防災マニュアルを策定しましょう。防災マニュアルで事前に災害発生時の行動指針や対応を定めておけば、冷静に適切な対応を行えるようになるでしょう。

また作成した防災マニュアルを定期的な防災訓練などを通して従業員に浸透させていきますが、行う訓練は防災マニュアルに沿った内容にし、訓練終了後に防災マニュアルの見直しと改善を行います。

これを定期的に繰り返すことによって、より効果的な防災マニュアルに近づいていくため、きちんと行いましょう。

もちろん防災訓練の実施が形骸化してしまっては意味がないため、同じ防災訓練のシナリオを使い回すのではなく、火災から地震へ変更する等その都度シナリオの内容を変えるようにします。

もっと詳しく防災マニュアルやシナリオを知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

  防災マニュアルの効果的な作り方と防災に必要な2つの対策 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では防災マニュアルの実践的な作り方とその基本、そのほかの防災対策などを解説しています。この記事を読めば災害時に役立つ防災マニュアルを作成できるようになるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  防災訓練シナリオの基本と完成度の高いシナリオを作る方法 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では防災訓練のシナリオの基礎知識と作成する手順などを具体的に紹介しています。この記事を読むことで、初めてでも効果的な防災訓練シナリオを作ることができるので、ぜひ読み進めてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  今こそ欧米から学べ 日本企業がBCPで失敗するワケ JX米重×慶應大学大林教授 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  2021年注目ワード「BCP」ってナンだ!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


防災ゲームで対応を学習する

想定外の事態発生時に従業員が自発的に適切な対応を行えるようにするために防災訓練とは別に防災教育の一環として、防災ゲームを実施すると良いでしょう。

防災ゲームとは、災害発生時の対応や知識を学べる防災教育ツールの1種のことです。

この防災ゲームではどこに避難するのが安全なのか、非常食の配分はどうするのかなど常に適切な選択が参加者に求められるため、防災ゲームを楽しみながら災害発生時の判断力・対応力を養うことができます。

また防災ゲームには正解が用意されていないのが特徴で、なぜそう判断したのかを参加者同士で意見交換します。

さらに防災ゲームについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  防災教育で役立つ防災ゲームの基礎知識と適切な防災対策6選 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では防災ゲームの予備知識と代表的な防災ゲーム、その他の効果的な防災対策などを紹介しています。この記事を読むことで防災を従業員にきちんと浸透させることができるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


ハザードマップを確認しておく

事前に事業所や住んでいる地域のハザードマップを確認しておきましょう。ハザードマップとは自然災害による被害やその範囲を事前に予見し、安全な避難場所や避難ルートを記載した地図のことです。

ハザードマップは、水害や雪害など災害の種類別に用意されているのが特徴で、国土交通省や各自治体のHPで見ることができます。

また近年の異常気象によって複数の災害がほぼ同時に発生する複合災害が起きており、ハザードマップで予測した範囲よりも被害が広がるおそれがあります。

そのため、2種類以上のハザードマップを参考にし、複数の避難場所・避難ルートを決めておくと万が一の際も安心です。

  ハザードマップはなぜ重要か?〜あらゆるリスクは「まさか」を上回って襲う〜 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


災害による被害を最小限に抑える対策5選

ここまで防災リテラシーの基本や向上させるための方法を紹介しました。次に被害の深刻化を防ぐための対策を解説していきます。

どれも普段から必ず行なっておきたい対策になるので、ぜひ読み飛ばさずに参考にしてください。

防災グッズを確保しておく

広範囲にわたる災害によって自社の従業員が帰宅困難者になるおそれがあるため、必ず一定数の防災グッズを用意しておきましょう。一般的に水道・ガス・電気などの復旧や救助活動が落ち着くまでに3日程度かかると言われています。

広範囲にわたる災害によって復旧が長引く場合も考慮して3日分を最低限とし、余裕を持って1週間分の防災グッズを用意しておくと良いでしょう。

また2011年の東日本大震災によって帰宅困難者が発生したことをきっかけに内閣府は「東京都帰宅困難者対策条例」の条例第17号で次のように防災グッズの確保を企業に求めています。事業者に従業者の一斉帰宅の抑制と従業者の3日分の食糧等の備蓄についての努力義務を課します。

対象となるのは正規・非正規を問わず同じ事業所で働く全従業員であり、全従業員分の防災グッズを用意しておくことが理想的です。

この条例に書かれている努力義務とは「〜するよう努めなければならい」という意味合いであり、違反したとしてもこの条例に関する罰則を受けることはありません。

しかし、この条例とは別に企業には「労働契約法」の第5条によって以下の安全配慮義務が課せられています。使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする

コストが惜しいからと一切防災グッズを用意しないなど従業員の安全配慮を怠ったことが原因で従業員に被害を与えてしまった場合、法的責任を問われ、従業員に損害賠償を支払わなくてはなりません。

そのため、全員分とまではいかなくとも従業員の安全を確保するためにできうる限りの防災グッズを用意しておくと良いでしょう。

必要な防災グッズの種類や量を知りたい方は、次の記事をご覧ください。

  万が一のために本当に必要な防災グッズの種類とリスト一覧 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では備蓄するべき防災グッズの概要と必要な防災グッズのリストなどを説明していきます。この記事を読むことで防災グッズの理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  Withコロナ時代の最新労務管理 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | オフィスでも新型コロナウイルスに感染する時代、テレワークの推進、デジタル印鑑・契約書の推進など「職場」の枠を超えて、新たな労務管理が求められています。本資料では「職場」の概念が無くなってきた今こそ必要な最新労務管理情報について説明しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


オフィスなどに安全対策を行う

二次被害を最小限に抑えるため事前にオフィス内に安全対策を施しておきましょう。オフィス内で行える効果的なオフィス対策は以下のとおりです。

【キャビネットやOA機器を固定する】
棚やキャビネット等は壁になるべくつけ、突っ張り棒などで固定しましょう。
また落下や転倒による負傷を防ぐため、PCやコピー機などもジェルマットやバンドで固定します。

【窓ガラスなどに飛散防止シートを貼る】
割れたガラス片による負傷を防ぐために窓ガラスやガラス製のドアなどに飛散防止シートを貼ります。

【避難経路を確保する】
迅速な避難を行うために出入り口など避難経路付近には物を置かないようにしましょう。

また「建築基準法」の第119条では通路の片側に部屋がある場合は1.2m以上、両側に部屋がある場合は1.6m以上の通路幅を確保するように定められているため、オフィスのレイアウトに十分に注意しましょう。

安否確認サービスを導入する

従業員がオフィスに揃っている時に災害が発生するとは限らず、定時後などオフィスに従業員があまり残っていないタイミングで災害が起きる場合もあるため、必ず安否確認サービスを導入しておきましょう。

安否確認には従業員の身の安全を確認することはもちろん、被害を受けた事業の復旧作業ができるかどうかを確かめるという役割があります。出社できる従業員の数を把握できれば、その後の復旧作業をスムーズに行えるはずです。

安否確認で電話とメールを使えば良いと思っている方もいますが、2011年の東日本大震災では震災直後に安否確認として電話やメールの利用者が殺到したことで輻輳状態に陥り、一時的に電話・メールが正常に機能しなくなりました。

そのため、安否確認の手段は電話・メールだけでなく、SNSや安否確認サービスを使うと良いでしょう。

安否確認の手段を具体的に知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  BCPで安否確認が最重要な理由とその基礎知識 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事ではBCPに不可欠な安否確認の基礎知識とその種類などを紹介しています。この記事を読むことで的確な安否確認を行えるようになるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


的確な情報収集を行う

災害発生時は状況を把握するために正確かつ迅速な情報収集が必要不可欠です。情報収集・発信の手段としては近年、SNSを使った情報収集・発信が個人間だけでなく企業や自治体で注目されています。

これはSNSによる情報収集・発信には主に以下3つのメリットがあるためです。

  • 報道前の情報をリアルタイムで知れる
  • 報道ではカバーしきれない情報を把握できる
  • インターネットが繋がれば利用できる

ただし、SNSには災害発生時に悪質なデマや誤った情報も拡散されやすいという決して無視できない大きな問題点を抱えています。

そのため情報の見極めが重要となりますが人海戦術で情報の真偽を確認しようとしても、手間がかかってしまいますし、どうしても情報の取り漏らしが発生してしまうのです。

そこで誤った情報の発信が許されない企業や自治体は、この課題をクリアするためにFASTALERTなどのSNS緊急情報サービスの導入を進めています。

FASTALERTなどのSNS緊急情報サービスは、SNS上の情報をリアルタイムで収集・分析し、正確な情報のみを利用者に提供するというサービスです。

企業や自治体などがSNSで情報収集・発信を行う上では決して欠かせないサービスとなっているため、導入を考えると良いでしょう。

  実際の災害事例で学ぶソーシャル防災の必要性 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 本資料では、速報性に優れたSNSを防災に役立てる「ソーシャル防災」がなぜ重要なのかを解説します。SNSのメリット・デメリットを提示したうえで、デメリットを解消するFASTALERTについても簡単に解説しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  バイアスで読み解く炎上心理 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


保険に加入しておく

想定外の災害によって事業所や設備が深刻な被害を受けるケースもあるため、企業の損失を最小限に抑えるため事前に災害保険に加入しておきましょう。災害保険には主に火災保険と企業財産包括保険の2つがあります。

火災保険は火災による被害しか補償されないと考えている方もいるかもしれませんが、火災保険によっては火災だけでなく水害や雪害など様々な災害による損害をカバーしている場合があるため、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

企業財産包括保険とは、事業所や設備の損害だけでなく災害によって事業がストップしたことで得られなかった利益や復旧にかかった費用を補償してくれる保険です。

ありとあらゆる企業の損失を補償してくれるため、深刻な被害を受ける事態も想定して、この企業財産包括保険に加入しておくと良いでしょう。

さらに防災対策としての保険を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

  防災対策としての保険が大切な理由と代表的な6種類の保険 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では防災対策として保険に加入するべき理由とその基礎知識、防災として利用できる保険の種類、効果的なその他の防災対策などを解説しています。この記事を読むことで事業内容に合わせた適切な保険に加入できるようになるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


自然災害などリスク情報の収集やBCPで活躍するFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

まとめ

今回は防災リテラシーの基礎知識と防災リテラシーを向上させる方法、導入するべき防災対策などを紹介しました。最後にもう一度おさらいすると本記事の重要なポイントには以下の3点があげられます。

  • 防災リテラシーとは防災の正しい知識を持ち、災害発生時に適切な対応を行う力のこと
  • 防災ゲームでは自発的に災害発生時の対応を学ばせることができる
  • 企業財産包括保険であれば、企業のありとあらゆる損失をカバーできる

この記事を参考に災害に備えて防災リテラシーを向上させていきましょう。

関連お役立ち資料集

  主な自然災害の種類と引き起こされる二次被害のリスク | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では自然災害の概要と企業における主な自然災害対策を説明していきます。この記事を読むことで自然災害対策を行う上で役立つので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  3.11から10年。今考える「地震と被災とBCPと準備」 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  2021年 考えられるリスクを評価する | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  今こそ欧米から学べ 日本企業がBCPで失敗するワケ JX米重×慶應大学大林教授 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  実際の災害事例で学ぶソーシャル防災の必要性 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 本資料では、速報性に優れたSNSを防災に役立てる「ソーシャル防災」がなぜ重要なのかを解説します。SNSのメリット・デメリットを提示したうえで、デメリットを解消するFASTALERTについても簡単に解説しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


 

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら