スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

企業における危機管理の主な対応と失敗した場合の悪影響

事業における危機発生時は被害の拡大を防ぐために直ちに的確な危機管理対応を行う必要がありますが、特に今から危機管理に力を入れる場合は、危機管理にどのような対応があるのかを十分に把握していない方も中にはいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、企業における危機管理の概要と主な対応などを説明していきます。

この記事を読むことで危機管理を進めていく上でのヒントが分かるので、これから危機管理に注力しようと考えている企業の担当者はぜひ参考にしてください。

事業の被害を防ぐ事後処理である危機管理

危機管理(Crisis management)とは、事業で危機が発生した際にその被害を最小限に抑えるための事後対応のことであり、あくまでも想定外・想定以上の事態に陥った場合に危機管理を行います。

危機管理で対象とする危機は、自然災害や事故のみならず、サイバー攻撃や風評被害、社員の不祥事、情報漏洩など幅広く、平時から危機管理組織の設立などの備えをしておかなくればなりません。

今回は簡易的な説明となりましたが、詳しく危機管理を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

リスクの悪影響を防ぐために!被害を防ぐ上では危機管理が必要不可欠な理由

危機管理が失敗した場合の重大な被害

危機管理は危機発生時に臨機応変に対応することが求められているものの、もし危機管理を十分に行えなかった場合は以下のように被害が拡大し、その後の事業継続自体に深刻な悪影響を及ぼしてしまうおそれがあるのです。

  • 被害拡大を防げなかったことによる復旧活動の長期化
  • 十分に危機管理ができなかったことによる企業のイメージダウン
  • 復旧活動の遅れによる顧客離れと業績の悪化
  • 納期の遅延とそれに伴う契約上のペナルティ など

そのため、事業を守るためには想定内の被害状況に対応するリスクマネジメントと共に的確な危機管理を実施しなければなりません。

詳しくリスクマネジメントを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

コロナ禍で大切なリスクマネジメントの基本と4つのプロセス

危機管理における主な対応

では、具体的に危機管理にはどのような対応があるのでしょうか。

この章では危機管理における主な対応を説明していくので、これから危機管理に力を入れていきたいと考えている企業の担当者はぜひ参考にしてください。

危機管理マニュアルの策定

事業における危機発生時にすみやかに危機管理を開始するためには、まず平時に危機管理マニュアルを策定しておくことが重要であり、主に以下の内容を定めて危機発生時に備えておきましょう。

  • 危機管理マニュアルの目的や基本方針
  • 危機管理組織の体制と役割
  • 就業中や休日中など状況別の主な対応
  • 緊急連絡網 など

また危機管理マニュアルは一度策定しただけで終わりではなく、防災訓練や危機発生時などの結果に基づいて、より完成度を高めるために内容を定期的に見直さなければなりません。

より詳しく危機管理マニュアルを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

効果的な企業の危機管理マニュアルの作成方法とその基礎知識

エスカレーションルールの明確化

危機発生時にすみやかに対応できるようにするためには、あらかじめ責任者等への報告フローなどを定めたエスカレーションルールを明確にしておくことが重要です。

エスカレーションルールには、報告する責任者・報告が必要な危機のレベルなどを定めておきますが、もし曖昧な状態であれば責任者の危機の認知が遅れることによって事業に深刻な被害を受けてしまうおそれがあります。

エスカレーションルールで定めるべき主な内容を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

リスクに備えたエスカレーションルールと情報収集の重要性

パブリック・リレーションズ

パブリック・リレーションズ(Public Relations:PR活動)とは、企業などの組織がステークホルダーと良好な関係を築くための考え方・対応のことであり、以下3つの基本概念に基づいて対応を行なっていきます。

【倫理観】
隠蔽などステークホルダーの信用を損なう対応は行わない

【双方向のコミュニケーション】
対等な立場で話し合い、理解を深める

【自己修正】
ステークホルダーの意見を聞きながら、組織のズレを改善する

平時から事業活動の一環としても行うパブリック・リレーションズには、危機の発生を予防するという役割もあり、特にイメージダウンなどを招く企業側の不祥事や風評被害の拡大を防ぐために有効です。

クライシスコミュニケーション

クライシスコミュニケーションとは、事故や不祥事などの危機発生時に一般消費者や取引先、メディアなどのステークホルダーに対して対外的に謝罪会見などの情報開示を行う対応のことです。

クライシスコミュニケーションでは正確な情報と誠意ある対応が極めて重要であり、もし失言や情報の誤りなどがあれば、炎上などさらなる被害の拡大に繋がるおそれがあります。

また対応の開始が遅れると隠蔽しようとしていたとステークホルダーから不信感を抱かれてしまうため、危機が発生した場合は上層部に正確な状況を説明し、すみやかにクライシスコミュニケーションを開始することが重要です。

詳しくクライシスコミュニケーションを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

クライシスコミュニケーションがリスクの影響を左右する理由

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

危機発生時に事業への被害の拡大を最小限に抑えるためには、的確に危機管理を行うことが重要であり、もし危機管理が不十分な状態であった場合はその後の事業継続を脅かす事態に発展しかねません。

この記事を参考に危機から事業を守るために、どのような危機管理対応を行うべきなのかをよく検討しておくと良いでしょう。

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像