スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

意外と知らない危機管理・BCPの違いと両立が重要な理由

事業を守るためには必要不可欠な危機管理とBCPですが、両者を混同した状態では適切な対策を定められないおそれがあります。

しかし、特に最近になって危機管理・BCP担当を兼任することになった企業の担当者の中には両者の違いがよく分からずに困っているのではないでしょうか。

そこで本記事ではそんな企業担当者のために危機管理・BCPの概要や両者の違いなどを説明していきます。

この記事を読むことでBCPと危機管理の理解が深まるので、ぜひ最後まで読み進めてください。

すみやかに事業継続を実現するためのBCP

BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは、自然災害や事故など企業に悪影響を与えるリスク発生時にその被害を最小限に抑えて、事業の継続または早期復旧を図るための計画のことです。

BCPには、リスク発生時の対応を平時から定めておきますが、もしBCPを策定していない状態でリスクに見舞われた場合は混乱によって十分に対応できずに事業の継続もしくは早期復旧がすみやかに図れないばかりか、復旧が遅れることによって最悪は事業の存続を脅かす事態に陥ってしまうおそれがあります。

そのため、事業継続を図るためには平時からBCPを策定し、社員に浸透させておくことが重要です。

詳しくBCPやBCP対策を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

企業におけるBCP(事業継続計画)の概要と導入する必要性

企業におけるBCP対策と的確な事業継続を実現する主な対応

危機による被害を最小限に抑えるための危機管理

危機管理(Crisis Management:クライシスマネジメント)とは、自然災害や風評被害などの企業における危機発生時に被害を最小限に抑えて、可能な限り事態の回復を図るための事後対応のことです。

危機管理で対象とする危機は、自然災害やサイバー攻撃、風評被害、従業員の不祥事、操作ミスによる事故など幅広く対応する必要があります。

危機管理では想定外・想定以上の危機に対応することが中心となるため、臨機応変に動くことが求められていますが、あらかじめ危機管理組織の整備や危機を責任者に報告するためのエスカレーションルール、危機管理の基本方針などを危機管理マニュアルで定めておかなければなりません。

今回は簡易的な説明となりましたが、詳しく危機管理を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

想定外に対応する危機管理の概要と強化するための取り組み

混同されやすいBCPと危機管理の主な違い

前述したBCPと危機管理を混同している企業の担当者も中にはいますが、厳密にはBCPと危機管理では対象の範囲が異なります。

BCPは事業を取り巻く想定内のリスクが発生した場合に事業継続を目的として対応を行いますが、危機管理はあくまでも想定外の危機による被害を最小限に抑えるための取り組みです。

具体的には、BCPでは「大規模な地震によって社員がオフィスに出社できない」「取引先の被災で部品の入手が遅れている」など具体的な想定内のリスクの状況を洗い出して、事業継続をすみやかに図るためにあらかじめ対応を定めておきます。

危機管理は、基本的に想定外・想定以上の危機に対して行う事後対応であり、危機発生時には危機管理組織の指示などに基づいて、臨機応変に最善の対応を考えていく必要があります。

事業におけるリスク・危機は想定外・想定以上の事態を招くケースが多々あるため、前述したどちらか一方のみに力を入れていれば良いということはなく、事業を守るためにはBCPと危機管理などを組み合わせて、複合的に対策しなければなりません。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

事業を守るためには危機管理とBCPなどを複合的に実施し平時から備えておく必要がありますが、両者を混同したまま対策を考えていくと適切な内容にならないおそれがあります。

この記事を参考に危機管理とBCPの理解を深めて、事業を守るために最善と考えられる対策を実施していきましょう。

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像