スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

新型コロナウイルス対策で旅行・帰省が推奨できない理由

新型コロナウイルスの感染拡大防止で日本でも緊急事態宣言や外出自粛などさまざまな要請が出されていますが、キャンセル料が負担になるなどの理由で旅行・帰省をどのようにするべきなのか困っている方もいるでしょう。

今回はそんな方のために新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために旅行・帰省が望ましくない理由とその基礎知識などを紹介していきます。

この記事を読むことで新型コロナウイルスの感染拡大を防止する上でのヒントになるので、ぜひ参考にしてください。

※現時点(本記事公開時点)の情報を説明していきます。今後の動向などによって内容が変わるおそれがありますので、ご注意ください。

新型コロナウイルス対策の観点で旅行・帰省は推奨できない

まずは新型コロナウイルス対策として旅行・帰省が推奨できない理由を説明していきます。どれも重要な内容になるので、ぜひ読み進めてください。

多くの国で入国制限・管理が実施されている

外務省海外安全ホームページが発表する「新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限)」によれば、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために現時点で世界184カ国・地域で日本人・日本からの渡航者の入国制限が行われています。

ほとんどの国・地域で航空便の停止や外国人の入国自体を禁止されており、入国できたとしても新型コロナウイルスにおける症状の有無に関わらず14日間の隔離を定めていることが多いです。

感染拡大のリスクがある

国内の旅行・帰省であれば問題ないと考えている方もいるかもしれませんが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには推奨できません。

というのもCDC(アメリカ疫病予防管理センター)が発表する「Presymptomatic Transmission of SARS-CoV-2 — Singapore, January 23–March 16, 2020」で語られているとおり、新型コロナウイルスの潜伏期間中に感染を拡大させていたと考えられる事例も見つかっているからです。

現時点では新型コロナウイルスにおける潜伏期間中に感染力はまだはっきりと分かっていませんが、外出を控えるなどの対策が大切とされています。

また、新型コロナウイルスに感染しても少し体調が悪い程度にしか自覚できない無症状になる場合も確認されており、国内の旅行や帰省でも新型コロナウイルスに感染する・周囲に感染させるリスクがあると考えられます。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために2020年4月7日に日本政府が東京都や神奈川など7都府県を対象とした5月6日までの緊急事態宣言を発令し、不要不急の外出を控えるように要請。

首相官邸の「新型コロナウイルス感染症対策本部(第 29 回)」によれば、2020年4月16日に緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大させました。

この緊急事態宣言にもとづいて現時点(本記事公開時点)では2020年5月6日まで多くの商業施設やテーマパークなどは一時的に休業、イベントなどは中止・延期になっています。

より詳しく潜伏期間中の感染力や無症状を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルスにおける潜伏期間の基本と発症前の感染力
新型コロナウイルスにおける無症状の基礎知識と行うべき対応

キャンセル料が免除となる場合もある

旅行などをすでに予約していた場合、キャンセル料の支払いが気になる方もいるでしょう。

ANAの「新型コロナウイルス関連に伴うご旅行の取扱について」やエクスペディアの「【重要なお知らせ】新型コロナウイルスに関する旅行情報」で発表されているように多くの場合、現時点(本記事公開時点)ではキャンセル料なしで料金の払い戻しなどの対応が行われています。

またJR東海が発表する「新型コロナウイルスの影響に伴うきっぷの払いもどしについて」で発表されているとおり、現時点で緊急事態宣言にもとづいてJR各社でもキャンセル料がかからない普通乗車券や特急券などの払い戻しが行われています。

もちろん各社によって対応や条件は異なるため、きちんと各社の公式HPを確認しましょう。

新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報で活躍するFASTALERT

新型コロナウイルスや自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

しかしリスクには自然災害だけでなくシステム障害、事故など多くのリスクがあり、被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、人的・時間的コストがかかりますし、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

まとめ

今回は新型コロナウイルス対策の観点で旅行や帰省が推奨できない理由やその基礎知識などを紹介しました。最後にもう一度おさらいすると、本記事の重要なポイントには以下の3点があげられます。

  • 現時点では、ほとんどの国・地域で入国制限が実施されている
  • 旅行・帰省によって感染を拡大させるおそれがある
  • 現時点では多くの旅行会社などによって払い戻しなどの対応が取られている

この記事を参考にして適切な新型コロナウイルス対策を心がけましょう。

NewsDigestのご紹介

現在「NewsDigest」では、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」特設ページを公開しています。

全国の感染者数状況をグラフ化して、どのメディアよりも最速でお届けいたします。

さらに国や自治体、企業からの発表について、公益の観点から「感染事例が報告された場所の情報」を集約・整理して、地図で確認できるようにしています。(画像は一部加工しています)

※「感染事例が報告された場所の情報」を地図でご確認いただくには、無料スマホアプリのダウンロードが必要です。

>> iPhone版「NewsDigest」
>> Android版「NewsDigest」

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像