catch-img

新型コロナウイルスの感染経路と覚えておくべき基礎知識


目次[非表示]

  1. 1.新型コロナウイルスの2種類の感染経路
    1. 1.1.飛沫感染
    2. 1.2.接触感染
  2. 2.空気感染は現時点では不明
  3. 3.感染の経緯が分からない感染経路不明
  4. 4.日本政府から回避するように推奨されている3つの密
  5. 5.感染の疑いをもたれる濃厚接触者
  6. 6.現時点で有効とされている新型コロナウイルス対策4選
    1. 6.1.手洗いとアルコール消毒を徹底する
    2. 6.2.マスクを着用する
    3. 6.3.定期的な換気を行う
    4. 6.4.テレワークなど周囲と距離をとる
  7. 7.新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報の収集で活躍するFASTALERT
  8. 8.まとめ
  9. 9.関連お役立ち資料集


(最終更新日:2020年5月15日)

世界的に感染が拡大し続けている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2または2019-nCoV)。

日々、感染経路に関する膨大な数の研究結果やニュースなどが発表されていますが、感染経路に関して何が正しいのか分からず困惑している方も少なからずいるでしょう。

この記事ではそんな方のために現時点で立証されている新型コロナウイルスに関する感染経路の基礎知識や有効とされる新型コロナウイルス対策などを紹介していきます。この記事を読むことで新型コロナウイルスの感染経路に対する理解が深まるため、ぜひ読み進めてください。

※この記事では、あくまでも記事公開時点で正しいとされている内容を説明しています。そのため、今後の研究結果により内容が変わるおそれがある点にご注意ください。

  巨大地震、火災、水害…自然災害から会社を守るには!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


新型コロナウイルスの2種類の感染経路

接触感染

まずは現在、判明している新型コロナウイルスの感染経路を説明していきます。対策をとる上で重要な内容になるため、ぜひ読み進めてください。

飛沫感染

飛沫感染とは、新型コロナウイルス感染者の咳やくしゃみによって飛び散った飛沫(ウイルスの粒子)を鼻や口などの粘膜から吸い込んで感染することです。

飛沫を吸い込んでしまう最大の範囲は2メートルであり、これ以上の距離を空けていれば感染しないとされています。

接触感染

接触感染とは、新型コロナウイルス感染者による飛沫に手で接触し、その状態で目・鼻・口などの粘膜に触れると感染することです。

ドアノブやつり革、スイッチなど複数人が手を触れる箇所には十分に注意し、手洗いをしていない状態で粘膜に触るのは控えましょう。


空気感染は現時点では不明

現時点では不明

新型コロナウイルスの空気感染が心配な方も中にはいるかもしれませんが、現時点では立証されていません。

NIH(アメリカ国立衛生研究所)が2020年3月17日に「Aerosol and Surface Stability of SARS-CoV-2 as Compared with SARS-CoV-1」で、新型コロナウイルスがエアロゾルの状態で3時間生き残るという研究結果を発表しました。

これらがもとになって空気感染するという内容がTwitterなどのSNSで拡散されましたが、これは誤りです。日本エアロゾル学会が発表する「エアロゾルとは」によれば、エアロゾルを以下のように定義しています。

『気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体をエアロゾル(aerosol)と言います。』
※粒径は0.001μm〜100μm程度

論文や研究結果によっては、この粒子を吸い込み感染することをエアロゾル感染と表現している可能性がありますが、そもそもエアロゾル感染の定義は世界では統一されておらず、さらに現時点では新型コロナウイルスのエアロゾル感染およびに空気感染は確認されていません。

  2021年 考えられるリスクを評価する | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  出水期直前に振り返る、20年九州豪雨では何が起きていたか? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス

また前述したNIH(アメリカ国立衛生研究所)が2020年3月24日に発表した「Study suggests new coronavirus may remain on surfaces for days」でも、研究結果はあくまでも新型コロナウイルスによる空気感染の可能性を示唆しているのみであり、現時点ではどの程度、空気感染が起こる可能性があるのかは研究が進んでいないとしています。

新型コロナウイルスの空気感染について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  新型コロナウイルスの空気感染に関する現状と3つの感染経路 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では立証されていない新型コロナウイルスによる空気感染の現状と現時点で判明している2種類の感染経路、換気が推奨されている理由などを説明していきます。この記事を読むことで現時点で立証されている感染経路を把握できるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


感染の経緯が分からない感染経路不明

不明

新型コロナウイルスに感染してもどのような経緯で感染したのか判断できない場合は、その後も調査は続けますが、感染経路不明として記録されます。

感染経路不明は行動歴や接触者を聴き取っても本当に見当がつかない場合もありますが、京都新聞が発表する『増える「感染経路不明」 調査協力しない人も「どこに感染者いるか分からない自覚を」』で語られているようにプライバシーを優先して調査に協力しない方もいるため、感染経路を特定できない場合もあるようです。

ただし、日本経済新聞が発表する「感染経路不明、約4割に会食飲食歴 福岡市が分析 」によれば、福岡市の感染経路不明となっていた新型コロナウイルス感染者の行動歴を調査したところ、4割がナイトクラブやバーなどの飲食店に立ち寄っていたことが判明しています。

  実際の災害事例で学ぶソーシャル防災の必要性 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 本資料では、速報性に優れたSNSを防災に役立てる「ソーシャル防災」がなぜ重要なのかを解説します。SNSのメリット・デメリットを提示したうえで、デメリットを解消するFASTALERTについても簡単に解説しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


日本政府から回避するように推奨されている3つの密

密閉・密集・密接

厚生労働省が発表する「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」によると、これまで新型コロナウイルスの集団感染が確認された多くの場所は、以下3つの条件があてはまっていたようです。

  • 換気が悪い空間(密閉空間)
  • 人が密集している(密集場所)
  • 近距離で会話や発声が行われる(密接場所)

日本政府は上記3つの条件を合わせて3つの密と呼んでおり、特に集団感染リスクの高い3つの密に当てはまる場所を回避するように求めています。

また1つの条件だけでも十分に新型コロナウイルスの感染リスクがあり、首相官邸が発表する「3つの密を避けるための手引き!」によれば、3つの密を避けるだけでなくゼロ密を目指すように推奨されているのです。

詳しく3つの密を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  新型コロナウイルスにおいて3密の回避が重要な理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルスにおける3密の基礎知識と3密の回避が重視されている理由などを解説していきます。この記事を読むことで新型コロナウイルス対策の理解を深めることができるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  実際の災害事例で学ぶソーシャル防災の必要性 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 本資料では、速報性に優れたSNSを防災に役立てる「ソーシャル防災」がなぜ重要なのかを解説します。SNSのメリット・デメリットを提示したうえで、デメリットを解消するFASTALERTについても簡単に解説しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


感染の疑いをもたれる濃厚接触者

接触感染

濃厚接触者を実際に新型コロナウイルス感染者と接触した人だと認識している方も中にはいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

慶應義塾大学保健管理センターが発表する「新型コロナウイルス感染症Q&A」内の「Q14:新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者とは、どういう場合でしょうか?」によれば、濃厚接触者を以下のように定義しています。

  • 新型コロナウイルス陽性者(以下陽性者)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機等を含む)があった
  • 陽性者と適切な感染防護なしに、診察、看護もしくは介護をした
  • 陽性者の気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れた
  • 陽性者と会食した
  • 必要な感染予防策なしで、陽性者に手で触れた
  • 陽性者と会話することが可能な距離(目安としては2m以内)で、必要な感染予防策なしで接触した

新型コロナウイルス感染者が発覚した施設に同時期に立ち寄っていた場合は、様子を見て帰国者・接触者センターに相談しましょう。

新型コロナウイルスに関する電話相談窓口などを詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  新型コロナウイルスの疑いで直接病院へ行ってはいけない理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルス感染の疑いで現時点で病院への来院が推奨されていない理由と連絡するべき電話相談窓口などを紹介していきます。この記事を読むことで適切な受診方法が分かるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


現時点で有効とされている新型コロナウイルス対策4選

マスク

手洗いとアルコール消毒を徹底する

日本ウイルス学会が発表する「新型コロナウイルス感染症について」によれば、今回の新型コロナウイルスは手洗いやアルコール消毒によって感染力を失うエンベロープウイルスに該当すると考えられています。

そのため、新型コロナウイルスによる接触感染を防ぐために粘膜に触れる前には必ず手洗いとアルコール消毒を行いましょう。

また接触感染のリスクをさらに低減させるためにドアノブや照明のスイッチなど不特定多数の方が触れる箇所も定期的に消毒しておくと安心です。

詳しく効果的な手洗いやアルコール消毒の方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  新型コロナウイルス対策で消毒が有効とされる理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルスに関する消毒の基礎知識と具体的な消毒方法を紹介していきます。この記事を読むことで、新型コロナウイルスを消毒する際の参考になるので、ぜひ読み進めてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  2021年注目ワード「BCP」ってナンだ!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  今こそ欧米から学べ 日本企業がBCPで失敗するワケ JX米重×慶應大学大林教授 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


マスクを着用する

新型コロナウイルスに感染しても少し体調が悪い程度にしか感じられない無症状となる場合があり、気づかないうちに周囲に感染を拡大させてしまうおそれがあります。

少しでも体調が悪いようであれば外出しないことを前提に必ずマスクを着用しましょう。

また体調が悪くなくても周囲と距離を取りづらい場所に行く場合や対面での会話などを避けられない場合もマスクの着用が推奨されています。

ただし、WHO(世界保健機関)が発表する「Advice on the use of masks in the context of COVID-19」でも語られているとおり、健康な方が着用するマスクの予防効果は限定的だと考えられているのが現状です。

そのため、マスクの予防効果を過信せずにその他の新型コロナウイルス対策も徹底して行いましょう。

詳しく新型コロナウイルスの無症状やマスクの効果を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  新型コロナウイルスにおける無症状の基礎知識と行うべき対応 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルスに関する無症状の予備知識と無症状が疑われる場合に行うべき対応などを説明していきます。この記事を読むことで無症状に対する理解を深めることができるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  新型コロナウイルスに関するマスクの効果とその基礎知識 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルスに関するマスクの効果と使い捨てマスクの再利用が基本的に推奨されていない理由、その他の対策などを紹介していきます。この記事を読むことでマスクへの理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


定期的な換気を行う

日本政府は前述した3密を回避するための手段の一環として定期的な換気を推奨しています。前述した首相官邸が発表する「3つの密を避けるための手引き!」によれば、2方向の窓を毎時2回以上全開することが求められています。

窓が2つ以上ない場合はドアを開けたり、換気扇を回したりするなどの工夫をすると良いでしょう。

しかし、毎時2回以上の換気はあくまでも目安であり、適切な換気の頻度は部屋の広さやその部屋にいる人数によって異なります。正確な換気の回数を知りたい場合は換気回数を計算しましょう。

また家庭用エアコンは部屋の空気を循環させているだけであって換気したことにはなりませんし、REHVAが発表する「REHVA COVID-19 guidance document, April 3, 2020」によれば、一般的な空気洗浄機は効果が限定的だとされているため、窓を開けるなど通常の換気を行うことが望ましいです。

ただし、厚生労働省が発表する『「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法』で説明されているように、現時点では換気によって確実に新型コロナウイルスの感染を防止できるとは明らかになっていません。

そのため、部屋の換気だけでなくその他の新型コロナウイルス対策も並行して徹底的に行いましょう。

さらに詳しく新型コロナウイルスにおける換気の基礎知識や換気回数の求め方を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  Withコロナ時代の最新労務管理 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | オフィスでも新型コロナウイルスに感染する時代、テレワークの推進、デジタル印鑑・契約書の推進など「職場」の枠を超えて、新たな労務管理が求められています。本資料では「職場」の概念が無くなってきた今こそ必要な最新労務管理情報について説明しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  新型コロナウイルス対策における換気の基本と推奨される理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルスにおける換気の基礎知識と換気が推奨されている理由などを説明していきます。この記事を読むことで換気に対する理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


テレワークなど周囲と距離をとる

新型コロナウイルスによる飛沫感染・接触感染のリスクを低減させるために周囲と距離を取るなど以下のような対策を行いましょう。

  • 周囲と2メートル以上距離を取る
  • 対面の座席に座らない
  • マスクをしていない状態では会話を控える
  • テレワークで在宅勤務する
  • フレックスで満員電車による通勤を控える
  • オンラインで面談や会議を行う

また前述した首相官邸が発表する「3つの密を避けるための手引き!」では、スーパーマーケットのレジなどに並ぶ際も前の方に近づきすぎないようにすることが求められています。

物流など企業によっては業務上の理由でどうしてもテレワークやフレックスなどを実施できないケースもありますが、その場合はその他の新型コロナウイルス対策を徹底すると良いでしょう。

詳しく新型コロナウイルスにおけるテレワークの基本を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

  テレワークが新型コロナウイルス対策として重視される理由 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事では新型コロナウイルス対策としてテレワークが有効な理由と在宅でも効率的に働くポイント、その他の新型コロナウイルス対策などを説明しています。この記事を読むことでテレワークを導入するべき理由が具体的に把握できるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報の収集で活躍するFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

まとめ

今回は、新型コロナウイルスの感染経路の基礎知識を紹介しました。この記事の重要なポイントには次の3点があげられます。

  • 手洗いをする前に目・鼻・口などの粘膜を触らない
  • 空気感染は現時点では確認されていない
  • 濃厚接触者は、必ずしも感染者に接触したとは限らない

この記事を参考にして、きちんと新型コロナウイルスから身体を守りましょう。

関連お役立ち資料集

  巨大地震、火災、水害…自然災害から会社を守るには!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  2021年 考えられるリスクを評価する | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  出水期直前に振り返る、20年九州豪雨では何が起きていたか? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  実際の災害事例で学ぶソーシャル防災の必要性 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 本資料では、速報性に優れたSNSを防災に役立てる「ソーシャル防災」がなぜ重要なのかを解説します。SNSのメリット・デメリットを提示したうえで、デメリットを解消するFASTALERTについても簡単に解説しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  Withコロナ時代の最新労務管理 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | オフィスでも新型コロナウイルスに感染する時代、テレワークの推進、デジタル印鑑・契約書の推進など「職場」の枠を超えて、新たな労務管理が求められています。本資料では「職場」の概念が無くなってきた今こそ必要な最新労務管理情報について説明しています。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス



AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら