スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

新型コロナウイルスのイベント自粛を打開するオンライン配信

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、現時点では様々なイベントが中止・延期となっていますが、オンラインでイベントを開催する企業も増えています。

しかし、オンラインでイベントを開催したことがない方は特に何から手をつけていいかの分からないのではないでしょうか。

今回はそんな方のために新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が高まるオンライン開催でのイベントの基礎知識と利用されているオンライン配信サービスなどを説明していきます。

この記事を読むことでオンラインで開催するイベントの理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。

※現時点(本記事公開時点)の内容を説明していきます。今後の研究結果や動向によって変わるおそれがあるため、ご注意ください。

新型コロナウイルスの影響で自粛が求められているイベント

首相官邸の「新型コロナウイルス感染症対策本部(第14回)」で語られているとおり、2020年2月26日に中止や延期など2週間にわたるイベントの自粛が要請されました。

25日以前は要請していなかったものの推奨はしていない状態でしたが、この日にイベントの自粛が表明されたのです。

もちろん、現在も2020年4月7日に発令された緊急事態宣言などによってイベントの自粛は要請され続けています。

厚生労働省が発表する「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」によれば、以下3つの条件が揃う場所で集団感染が確認されているようです。

  • 換気が悪い空間(密閉空間)
  • 人が密集している(密集場所)
  • 近距離で発声や会話が行われている(密接場所)

政府はこの3つを合わせて3つの密と呼んでおり、この条件に該当する場所を回避することが推奨されているのです。この条件が整いやすいイベントは新型コロナウイルスによる集団感染のリスクがあると考えられます。

オンラインで自社イベントを行う企業が増えている

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにどうしてもイベントを中止・延期しなければならないのでしょうか。

多くの企業が新型コロナウイルスのリスクを回避するために会場で実施するイベントではなく、オンラインでのイベントに移行しています。

オンラインで開催するイベントは、基本的にライブ配信で開催されており、あまり動画配信は行なわれていません。

動画配信はあらかじめ編集した動画を一方的に配信しますが、ライブ配信は生放送なので、リアルタイムでイベント参加者と交流を図ることができます。

またオンラインで実施するイベントでは、遠方に住んでいるなど会場にアクセスしづらい方もオンラインでは距離的な問題を回避できるため、参加しやすいというメリットがあるのです。

新型コロナウイルスのリスクを防ぐオンライン配信サービス

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などによりセミナーやトークショーなどのイベント、社内での会議などを開催するためにオンライン配信サービスの需要は高まっており、以下のようなオンライン配信サービスが利用されています。

  • ZOOM
  • YouTube Live
  • PeaTiX
  • EventRegist など

例えばビデオ通話ツールのZOOMではセミナーなど自社イベントのほか、社内で行うオンラインでの会議や飲み会などにも活用されています。

またPeaTiXやEventRegistであれば、イベントの管理や告知サービスもあるため、イベント開催の負担を減らすことができます。

イベントの種類にあわせて適切なオンライン配信サービスを導入すると良いでしょう。

新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報で活躍するFASTALERT

新型コロナウイルスや自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

しかしリスクには自然災害だけでなくシステム障害、事故など多くのリスクがあり、被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、人的・時間的コストがかかりますし、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

まとめ

今回は新型コロナウイルスに伴ってオンラインで開催されているイベントの基礎知識や主なオンライン配信サービスなどを説明しました。

最後にもう一度おさらいすると本記事の重要なポイントには、次の2点があげられます。

  • 外出自粛はもちろん、3つの密を満たす場所を回避することが推奨されている
  • オンラインで実施するイベントは、遠方に住む方も気軽に参加しやすい

この記事を参考にオンラインでのイベント開催を検討してみましょう。

×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像