catch-img

ビジネスインパクト分析がBCPに欠かせない理由


目次[非表示]

  1. 1.ビジネスインパクト分析の意味と目的
  2. 2.ビジネスインパクト分析の3つの手順
    1. 2.1.リスクを洗い出す
    2. 2.2.MTPDとRTOを決める
    3. 2.3.リスクアセスメントを行う
  3. 3.自然災害などリスク情報の収集やBCPで活躍するFASTALERT
  4. 4.まとめ
  5. 5.関連お役立ち資料集


BCPを策定する場合、事業に起こりえるリスクはもちろんのこと、早期復旧のためにどの業務を優先するべきなのかをよく考えなくてはなりません。

そんな場合にビジネスインパクト分析が役立ちます。しかしビジネスインパクト分析がよく分からないと悩んでいる方も多くいるはずです。

今回はそんな方のためにビジネスインパクト分析の予備知識とその手順を解説していきます。

この記事を読めばビジネスインパクト分析が実践できるようになるので、ぜひ読み進めてください。

  巨大地震、火災、水害…自然災害から会社を守るには!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


ビジネスインパクト分析の意味と目的

データ

ビジネスインパクト分析(Business Impact Analysis:BIA)とは、災害などのトラブルによって業務が停止した場合に事業が受ける影響を分析・評価するプロセスのことです。

災害などのトラブルで事業や従業員などが被害を受けると事業を継続または復旧するための資源は限られてくるので、優先する業務を洗い出した上で、そこにリソースを集中させる必要があるでしょう。

このビジネスインパクト分析を行えば、優先する業務、必要な資源、復旧にかかる時間がはっきりと分かるので、業務が停止することによる事業の損失を最小限に抑えることができます。

BCP(事業継続計画)を策定する上で必要不可欠なプロセスとなり、ビジネスインパクト分析が明確に行えていないと、BCPが万が一の際に機能しない可能性が高くなります。

  2021年 考えられるリスクを評価する | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  今こそ欧米から学べ 日本企業がBCPで失敗するワケ JX米重×慶應大学大林教授 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


効果的なBCPを作成するためにもビジネスインパクト分析で想定できるリスクや優先する業務などを具体的に洗い出しておきましょう。

BCPとは、災害や事故などが起きた際に企業が受ける被害を最小限に抑えて、事業の継続や早期復旧を図るための計画のことです。

ここでは簡易的な紹介となりましたが、より詳しくBCPを知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

  BCPの基礎知識と導入するべき理由を分かりやすく解説 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス この記事ではBCPの基礎知識やその事例などを紹介しています。この記事を読むことでBCPの意義が明確に分かるので、ぜひ参考にしてください。 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


ビジネスインパクト分析の3つの手順

リスク

ビジネスインパクト分析の重要性が分かった上で、次にビジネスインパクト分析を行う手順を説明していきます。

どれも大切な情報になるので、ぜひじっくり読んでみてください。

リスクを洗い出す

ビジネスインパクト分析を行うにあたって、まずは想定されるあらゆるリスクを洗い出していきましょう。

対象となるリスクには自然災害だけでなく、機器の誤操作や情報システムの障害、設備の故障、ストライキ、テロなど、多種多様なトラブルが含まれています。

考えられるリスクを書き出し終わったら、それらを整理し自社で発生する可能性が高いトラブルは何なのか、どのような対策が適切なのか、最低限の業務を行うためには何が必要なのかをよく考えてください。

またトラブル発生時には何が起こるのかわからないため、業務を行う上で必要なものの代替手段は必ず用意しておきましょう。

代替手段が準備されていないと想定外のトラブルが起きた場合に対応できず、BCPが機能しません。

  BCP4.0 次代のレジリエンス経営 JX米重×KPMG浅沼様 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | ※当記事は、日本経済新聞出版の許諾を得て転載しています。 掲載日:2021年6月21日 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


MTPDとRTOを決める

想定されるリスクを洗い出し終わったら、MTPDとRTOを設定します。MTPDとRTOの意味は以下のとおりです。

【MTPD】
MTPD(最大許容停止時間:Maximum Tolerable Peroid of Distruction)とは、事業の停止を許容できる最長時間

【RTO】
RTO(目標復旧時間:Recovery Time Objective)とは、いつまでに事業を復旧させるかを示す目標の時間

MTPDを決めることで、トラブル発生時にどの業務を優先して復旧させるべきなのかが明確に分かるので、さらにMTPDで把握した重要な業務に依存しているステークホルダー(顧客や仕入先等の利害関係者)などを特定していきます。

次にRTOを設定するのですが、ここで注意しなければならないのはステークホルダーの要望などを考慮することです。

過去の事例や経験をもとにRTOを決めると万が一の際にRTOを達成できない可能性が高まるので、納期遅延のペナルティや事業の信頼を失う期間などさまざまな条件を考えてRTOを決めましょう。

  3.11から10年。今考える「地震と被災とBCPと準備」 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


リスクアセスメントを行う

その後、RTOを達成するための経営資源(人員やサービス、設備など)を可能な限りあげた上で、RTOまでに経営資源を調達できない場合を想定し、分析・評価を行いましょう。

このプロセスをリスクアセスメント(Risk Assessment)と呼び、さまざまなリスクが発生するシナリオを考えて、リスクの種類やその影響を確認します。

特定した影響度の高いリスクから優先的に対策していきますが、トラブル発生時は何が起きてもおかしくないので、複数案用意しておくと良いでしょう。

自然災害などリスク情報の収集やBCPで活躍するFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

まとめ

今回はビジネスインパクト分析の基本とその手順を紹介しました。本記事の重要になるポイントには、次の2点があげられます。

  • ビジネスインパクト分析とは事業が停止した際の影響を分析するプロセスのこと
  • ビジネスインパクト分析が明確に行えていないとBCPが機能しない可能性が高い

この記事を参考に明確なビジネスインパクト分析を行なって効果的なBCPを策定しましょう。

関連お役立ち資料集

  巨大地震、火災、水害…自然災害から会社を守るには!? | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  2021年 考えられるリスクを評価する | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | 新型コロナの影響で大きく変化した「リスク対策」の対象と要諦に関する考え方をご紹介します。ほんの2年前まで感染症・疫病は「起こる事態の低いリスク」の代表例でした。危機管理において、あらゆるリスクをフラットに評価すべきですが、人間のバイアスが邪魔をして「公平」に見れないものです。本資料では、「リスクに備… FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  今こそ欧米から学べ 日本企業がBCPで失敗するワケ JX米重×慶應大学大林教授 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  BCP4.0 次代のレジリエンス経営 JX米重×KPMG浅沼様 特別対談 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | ※当記事は、日本経済新聞出版の許諾を得て転載しています。 掲載日:2021年6月21日 FASTALERT | AIリスク情報配信サービス
  3.11から10年。今考える「地震と被災とBCPと準備」 | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス | FASTALERT | AIリスク情報配信サービス


AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら