流通・卸売

サプライチェーンが受けた被害の可視化で、物品の安定供給を実現へ

課題

FASTALERTの活用例

FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSを中心に複数の情報ソースを扱うため、写真・動画など撮影された現地の状況をリアルタイムに収集可能です。特定の場所で発生したリスク情報や、気象情報などだけを見ていてもわからない突発的な事象についても検知・配信しています。例えば、被災した施設内の情報を、偶然居合わせた一般人から得られることがあります。

早期の事業再開、復旧期に必要とされる物資の受け入れを目指すために、自社だけでなく全国のリスク情報を収集することで、取引先や製造元の被災状況まで把握することができ、より精緻なサプライチェーンからの商品安定供給が可能となります。