交通・旅行業界向けのBCP対策とリスクマネジメント・危機管理

自社の情報収集では把握しきれないリスク情報を入手して、お客様の安全確保に活かす

課題


  • お客様の安全確保のために「災害時の被害状況」「事故発生時の情報収集」は常時行われている。しかし、目的地周辺の自然災害や駅周辺で発生しているトラブル、移動中の乗り物内で発生した突発的事件など、実際には盲点のような事件、事故、災害が起きている。
  • 乗り物内やターミナル構内で発生した事件・事故発生時、メディア各社からの問い合わせが殺到する。メディア各社はSNSをはじめとした様々な情報源をもとに取材活動を行っているため、取材を受ける側である自社が情報の非対称性により不利益を被る可能性がある。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSを中心に複数の情報ソースからリスク情報を検知し、特定の場所で発生した重大な事件・事故の情報や、気象情報などだけを見ていてもわからない突発的な事象についても検知・配信しています。例えば、密室空間である乗り物内でのトラブルも、偶然乗り合わせた一般人からの情報を得られることがあります。

写真・動画など撮影された現地の状況を把握できるので、安全確保のみならず、マスコミに向けた取材対応や、関係者への連絡対応においても効果を発揮します。公共交通機関においては無人駅や駅間など、人員の薄い場所における状況把握の補助としても役立ちます。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら