不動産管理会社向けのBCP対策とリスクマネジメント・危機管理

ビル内から離れずに 現場周辺の被災状況が手に取るように分かる

課題


  • 災害発生時、例えば大規模賃貸オフィスビルの管理業においては、単にビルの管理のみならず、テナント従業員の安全確保、避難またはビル内への滞留まで管理する必要がある。
  • ビルの「外」で発生しているリスク情報は収集困難であり、管理している建物内で「情報孤立」を引き起こす可能性がある。
  • ビルそのものが避難所となっている場合、押し寄せる住民へリアルタイムにリスク情報に対する共有も求められる。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSを中心に複数の情報ソースを扱うため、公式発表だけでなく、写真・動画など撮影されたビルの「外」で起きている状況をリアルタイムに収集可能です。

特定の場所で発生したリスク情報や、公式発表だけを見ていてもわからない突発的な事象についても、ビルから離れることなく周辺の情報が得られます。

さらに、津波避難ビルなど避難所として指定されているビルに押し寄せた住民に向けて情報提供を行う際には、AIを活用したビッグデータ解析により一次情報の自動化を実現したFASTALERTを用いれば、マスメディアの報道よりも早くリスク情報を入手できます。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら