メディア・報道機関

速報性向上と正確性向上。的確な取材を実現するためには欠かせない

課題


  • メディアを取り巻く環境の変化によって、取材人員の不足が課題となっている。
  • 事件、事故、災害等の多様化により、取材の困難度が上昇している。
  • SNSの登場により、報道の速報性がますます求められている。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、SNSを中心に複数の情報ソースからリスク情報を検知し、AIを活用したビッグデータ解析により、一次情報の自動化を実現しました。これにより、価値ある情報の早期発見を約束します。速報性の向上により、第一報の情報取得にかけていた時間を圧縮できます。

また、第一報は警察・消防など当局の発表を待たず、映像・画像・テキストなど様々な形式で現地の状況を把握できるため、正確性の向上を実現しています。また、取材前の事前取材や安全確保にも貢献しています。

SNS上の投稿を扱うにあたって課題となる「デマ」や「フェイク」についても、AIを用いた評価を下し、業務上の実用性を担保できているとクライアントから評価されています。

導入企業


 

導入企業


 

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら