製造

被災した現地拠点の状況をいち早く掴み、早期の事業継続活動へ

課題

FASTALERTの活用例

FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSを中心に複数の情報ソースを扱うため、都市部から離れた製造拠点周辺で発生している事象であっても、周辺住民の投稿から状況を把握できる可能性は高いです。

現地拠点から本部への報告が遅れていた場合でも、いち早くリスク情報を収集し、的確な初動対応の開始できるため、事業継続を図る際にも役立ちます。

早期の事業再開、復旧期に必要とされる物資の早期出荷再開を目指すBCP対策を構築する先進企業にとっては、自社だけでなく全国のリスク情報を収集することで、取引先や納品先、顧客の被災状況まで把握することができ、より精緻な施策立案が可能となります。