運輸・輸送業界向けのBCP対策とリスクマネジメント・危機管理

「予報」だけでは分からない「事実」を収集して 遅延を回避、安全を確保

課題


  • 気象情報による天候の予報のみでは、現地状況の詳細が分からない場合もある。本来なら従業員の安全を確保した輸送指示を出さなければならないが、荷主のプレッシャーによって十分な情報収集をできないまま出荷せざるえない場合がある。
  • 外的リスクを避けるためには、渋滞や気象だけでなく、リスク情報収集に基づいた最適な運行経路計画の立案が鍵となるが、必要な情報に不足を感じている。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSだけでなく、JX通信社が開発した累計350万DL突破のニュース速報アプリ「NewsDigest」から投稿されたリスク情報も含まれるため、特定の場所で発生した重大な事故の情報や、気象情報などだけを見ていてもわからない突発的な事象についても検知・配信しています。

写真・動画など撮影された現地の状況をリアルタイムに収集可能できますので、予報と異なり実際は大雪が降っている、ゲリラ豪雨により内水氾濫が発生して渋滞が発生している等の事実に基づいた判断が下せます。

また、事故に渋滞も現地の状況や位置情報付きの地図情報で配信しますので、より安全な迂回ルートを探索することにより納期遅延を回避する判断を即座に下せます。

導入企業


 

導入事例


 

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら