消防における火災・自然災害等の情報収集活動

従来の火災通報に加えて、多様・詳細な現地情報で消火活動に当たる

課題


  • 火災通報で得られる情報に加えて、より多様かつ詳細な現地の状況が把握できれば、的確な機材や人員を準備して、消化活動にあたれるはずとは感じている。
  • 昨今、消防団員の組織率の低下、サラリーマン消防団員の増加などが全国的に進んでおり、消防団員を通じた情報収集や初動対応に限界がある、と感じる機会がある。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)の情報ソースはSNSだけでなく、JX通信社が開発した累計350万DL突破のニュース速報アプリ「NewsDigest」から投稿されたリスク情報も含まれるため、多角的な情報を収集可能です。消防団員だけでなく、市民が得た災害情報をフラットに収集し、消火・救助活動の立案に際して、参考にすることができます。

写真・動画など具体的な現地の発災状況が手に取るように見えるので、手配資材の適正化、精緻な初動体制の構築、迅速に現場へたどり着ける経路の最適化など、様々な期待が期待できます。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら