損保による災害時の顧客対応

当時の被害状況を把握できるなど、迅速な保険料の支払いを実現へ

課題


  • 多発する自然災害にあって、損害保険料の支払額が年々増大している。そのような環境下にあっても、保険料の支払いの迅速化、被害状況の正確な調査、コールセンター対応の継続が求められている。

  • 同時に、顧客の損害を最小化する情報提供が昨今は求められている。特に、ビッグデータを用いたリスク計測を行う研究が国際的に盛んになっており、網羅性の高いリスクデータの用意は喫緊の課題でもある。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSだけでなく、JX通信社が開発した累計350万DL突破のニュース速報アプリ「NewsDigest」から投稿されたリスク情報も含まれるため、写真・動画・テキストで様々な地域をカバーできています。調査員をはじめとする損保会社の従業員の現地派遣において、安全な経路を事前に調査することで、迅速な現地入りに貢献できます。

また、ソーシャルメディアから得られる「被災直後の映像」は、建物などの被害状況を当時のありのままで残す手段として注目されています。こうしたリスク情報を解析することで、保険会社として新たな情報価値を高めることも考えられます。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら