自治体防災・危機管理部門における災害発生時の情報収集活動

限られた状況の中でも、今まで以上に高度な情報収集で地域住民の安全確保へ

課題


  • 災害の形態が多様化しており、今まで用いてきた手段だけでは具体的な被害状況がつかみにくい場合もある。本来なら、多角的な情報収集に取り掛かりたいが、人員も不足しているため、思うように情報収集が進まない。
  • 限られた財政の中で、”効率的”な災害対策が求められている。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、AIを活用したビッグデータ解析により、災害に関する特定の情報をデマやノイズを除外した上で提供しているため、これまでかけていた情報収集の人的・時間的工数を削減できます。

情報ソースはSNSだけでなく、JX通信社が開発した累計350万DL突破のニュース速報アプリ「NewsDigest」から統計されたリスク情報も含まれるため、多角的な情報を収集可能です。

FASTALERTは特定の地域の絞り込みだけでなく、特定の事象に対する報告件数が10件以上のみを対象とできるため、地域住民や職員の安全確保だけでなく、災害発生時の応援や受援などの連携も的確に図れるようになります。

導入企業


 

導入事例


 

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら