建設会社向けのBCP対策とリスクマネジメント・危機管理

急変する自然災害から現場の安全を守る

課題


  • 高層建築、橋梁、土防など建設業界では、常に気象災害などの予知に努め、安全予防活動が行われているが、昨今の災害は急変する場合が多く、気象情報のみでは詳細なリスクを把握できないときもある。
  • 災害発生時には自社の管理監督する現場の安全確保に務めなければならないが、リアルタイムに入手できるリスク情報には限りがあるため、どうやって守かはその都度対応策を考えなければならない。

FASTALERT活用例


FASTALERT(ファストアラート)は、日本だけでも数千万人が利用しているSNSを中心に複数の情報ソースを扱うため、写真・動画など撮影された現地の状況をリアルタイムに収集可能です。特定の場所でのみ発生したリスク情報や、気象情報などだけを見ていてもわからない突発的な事象についても検知・配信しています。

現場の安全確保に活用するだけでなく、現場を起点に周辺のリスク情報を把握し、安全確保や的確な初動対応に活用できます。台風など自然災害に遭遇した後、直ぐさまFASTALERTでいくつもある現場のリスク情報を収集し、復旧に必要な物資を届けるといった事例もございます。

AIでリスク情報をもっと速く、簡単に

AIで正確性・速報性・信頼性を最重視するFASTALERT(ファストアラート) について詳しく知りたい方はこちら