スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

水害につながる急激な河川の水位上昇と企業の主な水害対策

豪雨等によって河川の水位が急上昇していくと氾濫など深刻な水害が発生し、場合によっては事業継続に大きな悪影響を受けてしまうおそれがあります。

河川の水位が上昇した際に危険な状況を知らせる防災情報もありますが、こうした防災情報をどのように水害対策に活かせば良いのか分からない方も中にはいるのではないでしょうか。

そこで本記事では水害によって受ける企業のリスクや危険な河川の水位を発表する防災情報、主な水害対策などを説明していきます。

この記事を読むことでどのような水害対策を企業に導入すれば良いのかが分かるため、ぜひ最後まで読み進めてください。

氾濫などの水害が招く企業の深刻なリスク

水害には氾濫や集中豪雨、津波など様々な種類がありますが、もしいずれかの水害が発生した場合、十分に対策をしていなければ、企業に以下のような被害が発生することで、その後の事業継続に深刻な悪影響を及ぼしてしまうおそれがあります。

水害によって設備の故障など想定以上のダメージを受けると、莫大な復旧コストがかかることで場合によっては操業停止から事業を再開することができずに倒産へ繋がってしまうリスクがあるのです。

代表的な水害の種類を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

集中豪雨などに伴う冠水の危険性と企業の主な水害対策

危険な河川の水位を知らせる防災情報

水害に発展するおそれがある危険な河川の水位状況を把握するためには、指定河川洪水予報などの防災情報を確認しておくことが重要です。

この章では、河川の水位状況を知らせる主な防災情報を説明していくので、ぜひ読み進めてください。

5つに分類される水位

河川の水位とその危険度である氾濫発生レベルは5種類に分類されており、普段の水位を氾濫発生レベル1としてレベルが上がるにつれて、水害発生の危険性が増していきます。

普段の水位とそれに関連する氾濫発生レベル1は、省略しますが、危険な水位と氾濫発生レベルは、以下のとおりです。

【水防団待機水位(レベル2)】
水害による被害を最小限に抑える水防活動を行う水防団が待機する水位

【氾濫注意水位(レベル3)】
氾濫など水害が発生する危険性がある水位で、この水位では水防団が出動する

【避難判断水位(レベル4)】
市区町村長が避難勧告などを住民に発表する水位であり、住民が避難する目安となる

【氾濫危険水位(レベル5)】
氾濫など深刻な被害を与える水害が発生する可能性がある水位

指定河川洪水予報(洪水予報)

指定河川洪水予報とは、前述した危険な水位と氾濫発生レベルに基づいて発表される防災情報であり、気象庁が国土交通省や都道府県と連携して、発表されます。

指定河川洪水予報の名前のとおり、あらかじめ指定された河川のみを対象としているため、指定されていない河川に関する情報は発表されません。

【氾濫注意情報】
氾濫注意水位に達して、今後も水位の上昇が予想される場合に発表。氾濫の発生に注意する必要がある

【氾濫警戒情報】
氾濫注意水位以上の水位が見込まれ、さらに水位が上昇している場合に発表。避難の準備などをする必要がある

【氾濫危険情報】
避難判断水位に到達した場合に発表。いつ氾濫が始まってもおかしくないため、避難する必要がある

【氾濫発生情報】
氾濫がすでに発生している場合に発表

上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料」ページが開きます。

河川の水位を初動対応に活用するためのタイムライン

前述した水位の状況や指定河川洪水予報などの防災情報や水害のタイミングに基づいて、タイムラインを策定しておきましょう。

タイムライン(防災行動計画)とは、災害の状況を想定してあらかじめ時系列に沿った防災行動、行う担当者などを記載しておく計画のことであり、もともとは米国でハリケーン対策の一環として生まれました。

あくまでも目安となりますが、タイムラインでは災害発生のタイミングであるゼロアワーと防災行動を開始するタイミングと防災行動に要する時間であるリードタイムなどを設定し、的確な防災行動を実現できるようにしておきます。

今回は簡易的な説明となりましたが、詳しくタイムラインを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

タイムライン(防災行動計画)が災害対策として役立つ理由

被害を抑えるための企業における主な水害対策

では、水害発生時に被害を最小限に抑えるためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。

この章では、企業の主な水害対策を説明していくので、ぜひ読み進めてください。

BCP・防災マニュアルを策定する

水害発生時に的確な対応を行うためには、あらかじめBCP・防災マニュアルを策定しておきましょう。

BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは、自然災害や事故などの企業におけるリスク発生時にその被害を最小限に抑え、事業の継続または早期復旧を図るための計画のことです。

BCPや防災マニュアルには、リスク発生時の対応をあらかじめ定めておきますが、もしそのいずれも策定していない状態でリスクに巻き込まれた場合は、混乱によって対応が遅れ、被害が拡大してしまうおそれがあります。

詳しくBCPを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

企業におけるBCP(事業継続計画)の概要と導入する必要性

ハザードマップを確認しておく

水害発生時の状況を把握するために、あらかじめハザードマップを確認しておくことが大切です。

ハザードマップとは、過去の災害履歴に基づいて、災害発生時の状況やその範囲、安全な避難場所・避難経路を記載した地図のことで、国土交通省や自治体によって水害や地震など災害別に用意されているため、防災行動を考える上での参考になります。

ただ、ハザードマップはあくまでも推測の域を出ず、場合によっては安全とされていたはずの避難場所・避難経路も被災してしまうおそれがあるため、あくまでも一つの目安にしておくと良いでしょう。

さらに詳しくハザードマップを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ハザードマップがリスクの特定で重要な理由とその基礎知識

拠点を別の地域に分散させる

あらかじめ深刻な水害が発生するリスクが高い地域であることが分かっている場合、浸水対策を徹底した上で、事業継続のためにオフィスや工場などの拠点を分散させておきましょう。

高台など別の安全な地域に拠点を新設するほか、平時からのテレワークの導入でもし深刻な水害に遭っても、すみやかに事業の継続や早期復旧ができるようにしておくことが望ましいです。

また、顧客情報など事業継続に不可欠なデータはオフィス内だけでなく、クラウドサービスに保存し、消失を防いでおきましょう。

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

上記画像をクリックすると「防災お役立ち資料」ページが開きます。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

最後に

水害発生時に備えて、あらかじめ十分な対策を実施していなければ、場合によっては想像以上の被害によって、事業継続そのものに深刻な悪影響を及ぼしてしまうおそれがあります。

この記事を参考にして、すみやかな事業の継続と早期復旧を実現するために最善と考えられる水害対策を可能な限り導入しておきましょう。

  • シェア:
×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像