スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

災害発生時の企業における情報収集の重要性と主な手段

災害発生時に事業を守るための初動対応を開始する上で、まずは迅速かつ正確な情報収集が欠かせませんが、これから情報収集に注力していこうと考えている企業の担当者の中にはどのような情報収集の手段があるのか困っている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では情報収集の重要性と上手くいかなかった場合の悪影響、主な情報収集の手段とそれぞれの特徴などを説明していきます。

この記事を読むことで情報収集をどのように行うべきなのかを把握できるので、ぜひ参考にしてください。

災害などのリスク情報をリアルタイムで把握できるFASTALERT

初動対応のために必要不可欠な災害発生時の情報収集

自然災害など企業に大きな被害をもたらす災害発生時は、的確な初動対応で被害を可能な限り最小限に抑えるためには、情報収集が重要です。

情報収集には、災害発生時の被害状況を把握した上で最善の対応を考える、復旧に必要なリソースを判断するなど、被災後の事業継続を図る上でも重要な役割があり、もし的確に情報収集と共有が上手くいかなかった場合は、以下のリスクが発生してしまうおそれがあります。

情報収集を思うように行えなかった場合は、情報の不足によって的確な初動対応を進めることができずに上記のように事業継続に深刻な被害を与えてしまうおそれがあるため、防災対策の一環として迅速かつ正確に情報収集を行わなければなりません。

詳しく初動対応を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

初動対応が災害による被害に影響する理由と定めるべき対応

災害発生時における主な情報収集の手段

災害発生時における情報収集の手段には、どのような種類があるのでしょうか。

この章では災害発生時の主な情報収集の手段を説明していくので、ぜひ読み進めてください。

テレビやラジオ

テレビやラジオは最も一般的な情報収集の手段であり、ニュースが発表する自治体の防災情報や大まかな周囲の被災状況を把握する上で役立ちますが、大規模な停電発生時は一般的なテレビだと一時的に情報を受け取ることができなくなってしまうため、乾電池などで動く停電に左右されないポータブルテレビやラジオを用意しておくと安心です。

例えば東日本大震災では巨大津波の襲来と避難をテレビやラジオで呼びかけられていましたが、停電によってテレビではそれらの情報を把握しておらずに逃げ遅れてしまった方も多数いました。

災害発生時に情報収集する手段の1つとして活用したいテレビやラジオですが、地域の詳細な情報が必ずしも取り上げられるとは限りませんし、どうしても取材→編集→報道という手順を踏むことから災害発生から情報を受け取るまでにタイムラグが発生してしまう傾向があるので、迅速な情報収集を実現するためには後述する他の情報収集の手段と組み合わせる必要があります。

防災グッズの1つである防災ラジオに関して、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

今すぐ試せる防災ラジオの覚えておきたい選び方

電話

被災後に取引先や県外の事業所、従業員などに安否や状況確認を行う際には、リアルタイムに声で直接やり取りできる電話が役立ちます。

しかし、東日本大震災や大阪府北部地震などこれまでの震災で複数にわたって確認されているように大規模な災害発生時は安否確認などで回線が輻輳状態に陥ることで通信規制が実施され、一時的に利用できなくなってしまうのです。

電話だけでは迅速な情報収集を実現できないリスクがあるので、的確な初動対応を開始するためには電話だけに頼るのではなく、次に説明するSNSやチャットツールなどのインターネットも活用しなければなりません。

SNSやチャットツールなどのインターネット

災害発生時に迅速な情報収集を実現させるためには、SNSやチャットツールなどのインターネットを活用すると良いでしょう。

インターネットはテレビよりも災害に強いという特徴があり、特にSNSは、災害発生時の状況が写真付きでリアルタイムに投稿されていることが多く、情報収集の手段として個人間だけでなく自治体や報道機関なども活用しており、近年はテレビやラジオと肩を並べるほどの影響力を持っています。

またチャットツールであれば電話回線が輻輳状態に陥っている場合でもスムーズに連絡を取り合うことができますが、取引先や県外の事業所の状況によっては初動対応の集中などによって連絡がつかない場合があるため、その場合はSNSでその周辺地域の状況を大まかに把握しておくこともできます。

ただし、SNSには正しい情報と悪質なデマ・誤情報が入り乱れるため、全てを鵜呑みにすることは非常に危険であり、正しい情報なのか否かをその都度、自身で見極めなければなりません。

そのため、SNSを活用する場合はFASTALERTなどデマや誤情報を除外した状態で情報を受け取れるモニタリングツールなどを活用すると良いでしょう。

災害などのリスク情報をリアルタイムで把握できるFASTALERT

リスク情報を早期把握できるFASTALERT

災害発生時は、意思決定に基づいた初動対応をすみやかに開始するために、被害状況などの情報収集を行わなければなりません。

しかし、災害発生時はリソースが限られた状況の中で情報を精査しなければならず、場合によっては対応しきれないおそれがあり、これによって的確な対応ができない可能性があります。

この状況を解決するために自治体や企業では、AI情報収集サービス「FASTALERT」が活用されています。

FASTALERTは、自然災害・事故・事件など自治体や企業におけるリスクが発生した場合にAIが正誤を分析した上でほぼリアルタイムでサービス利用者に提供する仕組みです。

弊社ではFASTALERTの紹介資料やSNSで炎上が起きる理由など、企業や自治体の防災担当者が抱えるお悩みを解決するために防災に関する資料を幅広く用意しています。

詳しくご覧になりたい方は、「防災お役立ち資料」から資料をお気軽にダウンロードしてください。

実際の災害事例で学ぶソーシャル防災の必要性

最後に

災害発生時に初動対応を行うためには情報収集が極めて重要ですが、もし情報収集が上手くいかなかった場合は情報の不足などによって的確な初動対応を行えないことで事業継続に大きな悪影響を与えてしまうおそれがあるのです。

この記事を参考にして、災害発生時に備えてスムーズな情報収集を実現できるようにしておくと良いでしょう。

  • シェア:
×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像