スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

コロナ禍で高まる第2波の不安と新しい生活様式が重要な理由

緊急事態宣言が解除されたことに伴って外出する方も増えていますが、新型コロナウイルスの第2波が不安な方も少なからずいるはずです。

しかし、第2波を防ぐために具体的にどのような行動を行えば良いのか分からない方も少なからずいるでしょう。

今回はそんな方のために新型コロナウイルスにおける第2波の基本と発生リスクを低減させる主な対応方法などを説明していきます。

この記事を読むことで新型コロナウイルスの感染拡大を防止する上でのヒントになるので、ぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスにおける第2波の現状

日本でも感染が確認されている新型コロナウイルス。全国で感染者が減少傾向に向かったため、2020年5月25日に緊急事態宣言が解除されましたが、もちろんこれは新型コロナウイルスが終息したことを意味するわけではありません。

オフィスへの出社や実店舗での買い物など外出を行う方が増えていますが、将来的に新型コロナウイルスの第2波が発生することが懸念されているのが現状です。

実際にBBCの「中国・武漢で再び集団感染、韓国・ソウルの集団感染は94人に 第2波の懸念」で発表されているとおり、中国や韓国ではロックダウン解除後に集団感染が確認されています。

同記事でも語られているように、緊急事態宣言が解除されると多くの人が外出することによって新型コロナウイルスの感染が拡大するおそれがあるのです。

新型コロナウイルスの第2波を防止するには日頃の対応が重要

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が発表する『「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年5月1日)』によれば、新型コロナウイルスの第2波を防ぐためには新しい生活様式の徹底が大切だと考えられています。

新しい生活様式とは、新型コロナウイルスとの共存を前提にした行動・対応のことです。緊急事態宣言が解除された今、第2波を防ぐにはこの新しい生活様式を日頃から一人ひとりがきちんと守る必要があります。

また新しい生活様式で定められている行動・対応を守ることを前提に東京都防災ホームページが発表する「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップについて」などで、どのような場所へ行って問題ないのかを定期的に確認しておくことも重要です。

さらに詳しく新しい生活様式を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

コロナ禍における新しい生活様式の基礎知識とその具体例5選

第2波の発生リスクを低減させるための対応6選

ここまで新型コロナウイルスにおける第2波の基礎知識を説明しました。次に新しい生活様式などにもとづいた新型コロナウイルス対策を紹介していきます。どれも重要な内容になるので、ぜひ読み飛ばさずに参考にしてください。

手洗い・アルコール消毒を徹底する

屋外から部屋へ戻った際や食事の前など、定期的に石鹸やアルコール消毒液で手洗いをしましょう。

新型コロナウイルスの感染経路には接触感染があり、新型コロナウイルスの飛沫(ウイルスを含んだ水分)が付着した手で目・鼻・口などの粘膜に触れると感染するとされています。

日本ウイルス学会が発表する「新型コロナウイルスについて」によれば、今回の新型コロナウイルスは石鹸やアルコール消毒液などによって感染力を失うエンベロープウイルスに分類されると考えられているため、必ず目・鼻・口などの粘膜に触れる前に必ず手洗いをしてください。

厚生労働省が発表する『新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年5月4日)』では、30秒以上かけて手洗いすることが推奨されています。

また接触感染のリスクを下げるためにドアノブや照明のスイッチなど不特定多数の方が接触する機会が多い箇所は、定期的にアルコール消毒すると良いでしょう。

詳しく新型コロナウイルスにおける手洗いを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルス対策で消毒が有効とされる理由

フィジカルディスタンスを確保する

厚生労働省の『新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年5月4日)』で説明されているとおり、新型コロナウイルスの感染を防ぐために他者と2m(最低1m)のフィジカルディスタンス(身体的距離)を確保しましょう。

というのも新型コロナウイルスの感染経路の1つである飛沫感染では、飛沫の最大飛距離は約2mであり、これ以上離れていれば感染しないと考えられているのが現状だからです。

コンビニエンスストアなどのレジに並ぶ際も前後に間隔を空けて、フィジカルディスタンスを確保するようにすると良いでしょう。

また新型コロナウイルスの飛沫感染・接触感染リスクを低減させるという意味で、できれば実店舗での買い物ではなく、オンラインショッピングを利用すると安心です。

また企業においても面談や会議などは新型コロナウイルス対策の一環で対面ではなく、オンラインで実施するようにします。

マスクを着用する

外出する際は必ずマスクを着用するようにしましょう。

というのも新型コロナウイルスに感染しても症状が現れない無症状となる場合もあり、無自覚のまま感染を拡大させてしまうおそれがあるからです。

実際にCDC(アメリカ疫病予防管理センター)の「Presymptomatic Transmission of SARS-CoV-2 — Singapore, January 23–March 16, 2020」で語られているとおり、無症状でも周囲に感染を広げていたと考えられるケースが見つかっています。

ただし、WHO(世界保健機関)が「Advice on the use of masks in the context of COVID-19」で発表しているように健康な方が着用する予防効果はあくまでも限定的だと考えられているのが現状です。

そのため、マスクの予防効果を過信するのではなく、その他の新型コロナウイルス対策も徹底しましょう。

詳しく新型コロナウイルスにおけるマスクの効果を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルスに関するマスクの効果とその基礎知識

3つの密を回避する

厚生労働省が発表する「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」によれば、新型コロナウイルスの集団感染が発生した施設を調べたところ、以下の条件を満たす傾向があることが分かりました。

日本政府は上記3つの条件をあわせて3つの密と読んでおり、これらの条件を満たす場所を避けるように求めているのです。

この一環として換気を行うように発表しており、厚生労働省の『「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法』によれば、毎時2回以上(30分に1回以上)窓を全開にし、換気するように推奨しています。

しかし、これはあくまでも目安であって適切な換気の頻度は部屋の大きさやその部屋にいる人数によって異なるため、正確な換気の頻度を具体的に知りたい方は、換気回数を計算すると良いでしょう。

さらに詳しく新型コロナウイルスにおける換気や換気回数の計算方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルス対策における換気の基本と推奨される理由

BCP・防災マニュアルを策定する

企業においてはBCP・防災マニュアルを策定し、適切な対応を定めましょう。BCPとは、災害などのリスク発生時に損失を最小限に抑えて、事業の継続や早期復旧を図るための計画のことです。

このBCPが存在しない状態でリスクに直面すると、混乱が生じることで適切な判断ができず、迅速な復旧が行えないおそれがあるため、きちんと策定しておきましょう。

このBCPや防災マニュアルを従業員に浸透させるためには定期的な訓練が欠かせませんが、従来のように対面で訓練を実施すると集団感染が発生する可能性があるため、オンライン上で机上訓練を開催すると安心です。

またBCPや防災マニュアルは1度策定したら、それで終わりではありません。リスク発生時に定めた対応が機能しないおそれがあるため、訓練終了後には必ず内容を改善していきましょう。

詳しくBCPや防災マニュアルを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

BCP策定の基礎知識と読んで得する策定の6つの手順
防災マニュアルの効果的な作り方と防災に必要な2つの対策

日頃から情報収集を行う

新型コロナウイルスをきちんと対策するためには日頃の正確な情報収集が欠かせません。近年では個人間だけでなく、自治体や企業で以下3つのメリットがあるSNSが利用されています。

しかし、これと同時にSNSにはデマや誤った情報も拡散されやすいという決して無視できない問題も抱えているのが現状です。

人海戦術でSNSに投稿された情報を分析しても時間がかかりますし、どうしても取り漏らしが発生してしまいます。

自治体や企業は、この問題を解決するためにFASTALERTなどのSNS緊急情報サービスの導入を始めています。

FASTALERTなどのSNS緊急情報サービスは、AIがリアルタイムでSNS上に投稿された情報を収集・分析し、正確な情報のみをサービス利用者に提供する仕組みです。

まだ導入していないという企業担当者は、利用を検討すると良いでしょう。

新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報で活躍するFASTALERT

新型コロナウイルスや自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

しかしリスクには自然災害だけでなくシステム障害、事故など多くのリスクがあり、被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、人的・時間的コストがかかりますし、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

まとめ

今回は新型コロナウイルスにおける第2波の現状と新しい生活様式などに基づく対策を説明しました。最後にもう一度おさらいすると本記事の重要なポイントには、次の3点があげられます。

この記事を参考に適切な対応を心がけましょう。

NewsDigestのご紹介

現在「NewsDigest」では、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」特設ページを公開しています。

全国の感染者数状況をグラフ化して、どのメディアよりも最速でお届けいたします。

さらに国や自治体、企業からの発表について、公益の観点から「感染事例が報告された場所の情報」を集約・整理して、地図で確認できるようにしています。(画像は一部加工しています)

※「感染事例が報告された場所の情報」を地図でご確認いただくには、無料スマホアプリのダウンロードが必要です。

>> iPhone版「NewsDigest」
>> Android版「NewsDigest」

  • シェア:
×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像