新型肺炎に関する日本の取り組みと要請・指示の意味

新型肺炎の感染拡大を阻止するために世界で様々な対策が実施されていますが、日本ではどのような対応が行われているのか具体的に知りたい方もいるでしょう。

今回はそんな方のために新型肺炎に対する日本の対応や新型肺炎の基礎知識を説明していきます。

この記事を読むことで日本で行われている対策の理解を深めることができるので、ぜひ参考にしてください。

※現時点(本記事公開時点)の情報を説明していきます。今後の動向などによって、内容が変わるおそれがあるので、ご注意ください。

日本でも増加する新型肺炎感染者

2020年1月16日に神奈川県で国内初の新型肺炎(新型コロナウイルス)感染者が確認されてから現在に至るまで感染が拡大し続けており、現時点では国内で約8,000人の感染者が判明しています。

国内外で新型肺炎の感染拡大を防止するために数多くの対策が行われていますが、日本の対応に対しては様々な意見があがっています。

しかし、海外で実施されているようなロックダウン(都市封鎖)は法律の違いによってできないのが現状であり、現時点では日本政府が自治体や国民に協力を依頼する形で最善と考えられる対応を要請・指示している状態です。

さらに詳しく日本におけるロックダウンを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

クラスターなど新型コロナウイルス用語の課題と正しい意味

新型肺炎の感染経路と主な症状

日本政府が行う新型肺炎の対応を知る前にまずは新型肺炎の感染経路を把握しましょう。

現時点で立証されている新型肺炎の感染経路には、飛沫感染と接触感染の2種類があります。具体的な意味は、それぞれ以下のとおりです。

【飛沫感染】
新型肺炎感染者の咳やくしゃみによって飛び散った飛沫(ウイルスを含んだ水分)を鼻や口から吸い込み、感染することです。
現時点では飛沫の最大飛距離は約2メートルであり、これ以上離れていれば感染することはないと考えられています。

【接触感染】
新型肺炎感染者の飛沫に手で接触し、その状態のまま目・鼻・口などの粘膜に触れると感染することを指します。
ドアノブや手すり、電車のつり革など不特定多数の方が触れる部分には十分に注意する必要があります。

日本政府などの表明で使われる要請と指示の意味

日本政府などの表明で要請や指示という表現を聞いたことはありませんか。各自治体に決定権があるなど様々な理由から現時点の法律では内閣総理大臣であっても権限を有していない場合が多く、強制することもできないとされています。

そのため、基本的には自治体や国民などに協力を依頼する形で要請と指示を表明していることが多いのが現状です。例えば新型肺炎の感染拡大を防止するために日本政府が全国の学校に一斉臨時休校を要請しました。

しかし現時点では地方教育行政の組織及び運営に関する法律の第21条〜第22条学校保健安全法第20条などの法律にもとづいて休校の決定権は、首長や教育委員会にあります。

また要請は「強く推奨する」という意味合いで、指示はそれよりも強いニュアンスとなり、要請に応じない場合は指示できるとされています。

しかし現時点の法律では判断が自治体や国民に委ねられているケースが多く、強制力をもたないことが多いです。

ただし、新型肺炎の拡大防止という観点では、強制力がないからと言って要請や指示に従わないのは適切ではないと考えられます。

日本政府が行う新型肺炎の主な6つの対応

次に日本政府が新型肺炎の感染拡大を防止するために行ってきた対応を説明していきます。ぜひ参考にしてください。

イベントの延期・中止などの要請

2020年2月26日に日本政府が新型コロナウイルス感染症対策本部で、新型肺炎(新型コロナウイルス)の感染拡大を防ぐために全国的なスポーツなどのイベントに関して2週間の中止・縮小・延期を要請しました。

25日以前もイベント開催に関する一律の自粛は要請していなかったものの、推奨はしていない状態でしたが、26日に新型肺炎の集団感染を防ぐためにイベントの自粛要請を表明したのです。

もちろん、緊急事態宣言による休業要請などによって現在(本記事公開時点)もイベントを自粛する動きが続いています。

小中学校の休校要請

2020年2月27日に日本政府が新型コロナウイルス感染症対策本部で、3月2日から春休みまで以下4種類の全国全ての学校に休校を要請しました。

出典:新型コロナウイルス感染症対策本部(第15回)

これにもとづいて全国の学校で一斉臨時休校が始まり、時事ドットコムニュースが発表する『安倍首相、休校要請を段階的に解除する方針 イベント「慎重」継続を―新型コロナ』によると、2020年3月20日に新学期で段階的に休校要請を解除していくと表明しました。

しかし2020年4月7日に日本政府が表明した緊急事態宣言によって登校日の設定など、現時点(本記事公開時点)では先行きが見通せない状態になっているとされています。

週末の外出自粛要請

2020年3月25日、東京都の小池百合子知事が緊急会見を開き、都民に対して週末の外出自粛を要請しました。

時事ドットコムニュースが発表する『都知事、週末の外出自粛要請 感染爆発「重大局面」―新たに41人確認・新型コロナ』によれば、週末の外出自粛だけでなく、平日に関しても在宅勤務と夜間の外出自粛を推奨したのです。

その後も小池百合子都知事は外出自粛を求め続けており、緊急事態宣言を受けて新型肺炎の感染拡大を防ぐために都民に地方へ帰省しないように推奨しています。

各国の入国制限

2020年3月5日に新型コロナウイルス感染症対策本部で「水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置」が決定され、海外からの入国制限が始まりました。

当初は2020年3月9日から3月末までとされていましたが、新型肺炎の感染拡大に伴い、期間は延長され続けています。

外務省海外安全ホームページが発表する「日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化(新たな措置)」によれば、現時点(本記事公開時点)ではアメリカやイギリスなどを含む73カ国・地域で入国制限が行われています。

現段階(本記事公開時点)では入国制限が課されている国・地域の外国人が対象であり、日本国民や特別永住者などの入国(帰国)は制限されていません。

ただし、対象となる国・地域に過去2週間以内に滞在していた場合は、全員にウイルスを検出するPCR検査の実施が義務付けられています。

緊急事態宣言による休業要請

2020年4月7日に日本政府は、政府対策本部で改正された新型インフルエンザ等対策特別措置法にもとづく緊急事態宣言を東京都や神奈川県を含む7都府県に対して発令しました。

期限は2020年5月6日までであり、東京都防災ホームページが発表する「対象施設FAQ(令和2年4月13日19時00分)」によれば、休業が要請されている主な施設は以下のとおりです。

またNHKが発表する『「緊急事態宣言」で暮らしはどうなる』によれば、休業要請などに全面的に協力する中小企業に関しては、感染拡大防止協力金として以下の金額を支給することを明らかにしています。

また緊急事態宣言で対象になった都道府県知事は行政に要請・指示できるようになりますが、次の2点は強制力を持ち、正当な理由なく応じない場合は6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

全世帯への布マスク配布

2020年4月1日に行われた第25回新型コロナウイルス感染症対策本部で、日本政府が1世帯あたりに2枚配布することを表明。

さらに3月時点で全国の医療機関に対しては1,500万枚の医療用マスクを供給済みであり、さらに追加で1,500万枚の医療用マスクを配布すると述べました。

なぜ医療用マスクではなく布マスクを配布することに決定したのでしょうか。

CDC(アメリカ疫病予防管理センター)が発表する「Recommendation Regarding the Use of Cloth Face Coverings, Especially in Areas of Significant Community-Based Transmission」によると、医療用マスクは医療従事者に優先して供給されるべきであると主張されており、一般の方には布マスクを推奨しています。

また一般的に布マスクは使い捨てではなく、洗濯することによって再利用できるのです。

これらを踏まえると、この日本政府の表明は医療機関への医療用マスクを確保しつつも、増大するマスクの需要に応えるという意図があると考えられます。

新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報で活躍するFASTALERT

新型コロナウイルスや自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

しかしリスクには自然災害だけでなくシステム障害、事故など多くのリスクがあり、被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、人的・時間的コストがかかりますし、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

まとめ

今回は新型肺炎の基礎知識と日本政府の取り組みなどを説明しました。最後にもう一度おさらいすると本記事の重要なポイントには、以下の3点があげられます。

この記事を参考にして新型肺炎の国内における状況の把握に役立てましょう。

NewsDigestのご紹介

現在「NewsDigest」では、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」特設ページを公開しています。

全国の感染者数状況をグラフ化して、どのメディアよりも最速でお届けいたします。

さらに国や自治体、企業からの発表について、公益の観点から「感染事例が報告された場所の情報」を集約・整理して、地図で確認できるようにしています。(画像は一部加工しています)

「感染事例が報告された場所の情報」を地図でご確認いただくには、無料スマホアプリのダウンロードが必要です。

>> iPhone版「NewsDigest」
>> Android版「NewsDigest」

  • シェア: