新型コロナウイルスの疑いで直接病院へ行ってはいけない理由

新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、体調不良で新型コロナウイルスの感染を疑いつつも、具体的にどのような医療機関で受診するべきか困っている方もいるでしょう。

今回はそんな方のために現時点では新型コロナウイルスの疑いでそのまま病院に行ってはいけない理由と相談するべき電話相談窓口などを紹介していきます。

この記事を読むことで、受診するための適切な手順が分かるので、ぜひ参考にしてください。

※現時点(本記事公開時点)での情報を説明しています。今後の動向によっては内容が変わるおそれがありますので、ご注意ください。

新型コロナウイルスの疑いで直接病院に行ってはいけない理由

新型コロナウイルスの症状はインフルエンザや通常の風邪と見分けづらく、感染しても人によっては症状が出ないケースも確認されています。そのため、不安に思う方もいますが、現時点では直接病院に行かないようにしましょう。

厚生労働省が発表する「国民の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症)」によれば、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が多数の状態とされています。

また新型コロナウイルスは高齢者や基礎疾患を抱えている方が重症化しやすい傾向にあると考えられているため、新型コロナウイルスの可能性が高い場合は感染拡大を防ぐために直接病院に行くのではなく、帰国者・接触者相談センターなどの電話相談窓口に問い合わせましょう。

新型コロナウイルスの症状を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルスの主な症状と無症状の場合に行うべき対応

新型コロナウイルスの相談をする2種類の電話相談窓口

新型コロナウイルスに感染している可能性がある場合は、以下いずれかの電話相談窓口に連絡しましょう。

【帰国者・接触者相談センター】
厚生労働省が発表する「国民の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症)」によれば、以下の症状が起きている対象の方は、各都道府県に設置されている帰国者・接触者相談センターに連絡する必要があります。

▼風邪や37.5°を超える発熱が4日以上続く(高齢者・基礎疾患がある方は2日程度)
▼倦怠感や息苦しさがある

【新型コロナコールセンター】
帰国者・接触者相談センターで対象となる症状に該当しないものの、新型コロナウイルスの感染が不安な方は、各都道府県に設置されている新型コロナコールセンターに相談しましょう。

また東京都福祉保健局が発表する「新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について」によれば、かかりつけ医に電話相談することもできます。

上記いずれかの電話相談窓口に症状や状況を説明した後、新型コロナウイルスに感染しているおそれがある場合は、以下のフローに進みます。

  1. 紹介された専門の医療機関で受診する
  2. 医師の判断で検査が必要な場合、PCR検査を受ける
  3. 陽性であれば入院、陰性であれば自宅で安静または適切な医療機関へ

※PCR検査とは、DNAの一部を増加させて、検出する検査のことです。

現時点では新型コロナウイルスに感染している可能性が高い場合のみに専門の医療機関を紹介されることを覚えておきましょう。

新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報で活躍するFASTALERT

新型コロナウイルスや自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

しかしリスクには自然災害だけでなくシステム障害、事故など多くのリスクがあり、被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、人的・時間的コストがかかりますし、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

すでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

まとめ

今回は新型コロナウイルス感染の疑いがある場合に現時点では直接病院に行ってはいけない理由と問い合わせるべき電話相談窓口を解説しました。

最後にもう一度おさらいすると本記事の重要なポイントには、以下の3点があげられます。

この記事を参考に新型コロナウイルスに感染しているおそれがある場合は、適切な電話相談窓口に問い合わせましょう。

NewsDigestのご紹介

現在「NewsDigest」では、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」特設ページを公開しています。

全国の感染者数状況をグラフ化して、どのメディアよりも最速でお届けいたします。

さらに国や自治体、企業からの発表について、公益の観点から「感染事例が報告された場所の情報」を集約・整理して、地図で確認できるようにしています。(画像は一部加工しています)

「感染事例が報告された場所の情報」を地図でご確認いただくには、無料スマホアプリのダウンロードが必要です。

>> iPhone版「NewsDigest」
>> Android版「NewsDigest」

  • シェア: