スマホ画像

防災力向上に!

ここでしか読めない最新の防災お役立ち資料集

コロナ禍における企業活動の現状と感染リスクを防ぐ対策6選

緊急事態宣言などが解除されたことにより縮小・休業していた様々な企業が活動を始めていますが、新型コロナウイルスによる集団感染をきちんと防がなくてはなりません。

しかし、具体的にどのような新型コロナウイルスが適切なのか不安に思う方もいるでしょう。

今回はそんな方のためにコロナ禍で再開される企業活動の基本と具体的な新型コロナウイルス対策を紹介していきます。

この記事を読むことで集団感染を防ぐ上でのヒントになるので、ぜひ参考にしてください。

※現時点(本記事公開時点)の情報を含みます。今後の研究結果によって内容が変わるおそれがあるため、ご注意ください。

コロナ禍での企業活動と新しい生活様式

2020年5月25日に緊急事態宣言が解除されたことや新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップが同年6月12日にステップ3へ移行したことに伴い、様々な施設が営業を再開しています。

しかし、これは決して新型コロナウイルスが終息したことを意味するものではありません。

企業活動を行う中で適切な新型コロナウイルス対策を実施していなければ従業員や顧客の間で集団感染が発生するおそれがあり、それによって企業活動の縮小または休止せざるを得ない状況へ追いやられてしまうリスクがあるのです。

未だに新型コロナウイルスは蔓延している状態であり、企業活動を行いつつ新型コロナウイルスの集団感染を防ぐためには日頃の新しい生活様式の定着が重要となります。

新しい生活様式とは新型コロナウイルスとの共存を前提にした対応のことであり、有効なワクチン・治療薬が国民に行き渡るまでは定着が求められると推測されるのです。

そのため、従業員や顧客などが新型コロナウイルスに感染してしまう事態を防ぐためにきちんと新型コロナウイルス対策を徹底しましょう。

詳しくオフィスにおける新しい生活様式を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新しい生活様式で重要なオフィス環境とJX通信社の例

新型コロナウイルスの集団感染リスクがある3つの密

新型コロナウイルスの集団感染リスクを低減させるためには、まずどのような場所で集団感染が発生しやすいのかを把握しておく必要があります。

感染厚生労働省が発表する「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」で説明されているとおり、新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生した場所を調査したところ、以下の条件を共通して満たす傾向があることが判明しました。

日本政府は上記の条件をあわせて3つの密と呼称しており、これらの条件に当てはまる場所を回避するように推奨しています。

また首相官邸の「3つの密を避けるための手引き!」で発表されていますが、3つの密を満たさなくても感染リスクはあるとされており、できうる限り全ての密を避けるゼロ密を目指すように求めているのが現状です。

詳しくは次の章で紹介しますが、3つの密を回避することはもちろん、ゼロ密の状態を保てる新型コロナウイルス対策を導入すると良いでしょう。

より具体的に3つの密を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルスにおいて3密の回避が重要な理由

コロナ禍の企業活動で感染リスクを低減させる6つの対策

ここまでコロナ禍における企業活動の基礎知識を紹介しました。次にこの章では具体的に感染リスクを低減する新型コロナウイルス対策を解説していきます。

どれも重要な内容になるので、ぜひ参考にしてください。

フィジカル・ディスタンスの確保や飛沫の防止策を実施する

新型コロナウイルスの飛沫(ウイルスを含んだ水分)の最大飛距離は約2mであるとされており、それ以上離れていれば感染しないと考えられているのが現状です。

そのため、適切なフィジカル・ディスタンス(身体的距離)の確保や飛沫による感染を防止できるように以下の対策を実施しましょう。

また、スペースの問題でオフィスに空席を設けられない場合は、テレワークやテレワークとオフィスへの出社を交互に繰り返すローテーション勤務などを導入すると良いでしょう。

定期的な消毒を行う

新型コロナウイルスの飛沫が付着した状態で目・鼻・口などの粘膜に触れると接触感染となる可能性が高いです。

日本ウイルス学会が発表する「新型コロナウイルスについて」によれば、現時点では今回の新型コロナウイルスは石鹸やアルコール消毒によって感染力を失うエンベロープウイルスに該当すると考えられています。

そのため、従業員で定期的な手洗いをすることはもちろん、オフィスや店舗の出入り口にアルコール消毒液を設置し、顧客に対しても手のアルコール消毒を促しましょう。

オフィスや店舗で不特定多数の方が触れる箇所や物品も定期的なアルコール消毒を行うと安心です。例えば主に以下のような場所・物品をアルコール消毒します。

検温を徹底する

新型コロナウイルスの主な症状に発熱があります。そのため、従業員が出勤前に体温計で自分の体温を把握しておくほか、顧客に対しても赤外線体温計やサーモグラフィーによる体温チェックを行いましょう。

ただし、新型コロナウイルスに感染しても主な症状が現れず、少し体調が悪い程度にしか自覚できない無症状となるケースも確認されています。

CDC(アメリカ疫病予防管理センター)が発表する「Presymptomatic Transmission of SARS-CoV-2 — Singapore, January 23–March 16, 2020」によれば、無症状でも周囲に感染を拡大させていたと考えられる事例が見つかっているため、体温だけでなく総合的に判断する必要があります。

さらに詳しく新型コロナウイルスの無症状を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルスにおける無症状の基礎知識と行うべき対応

マスクを着用する

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにマスクを着用しましょう。

WHO(世界保健機関)が2020年4月6日に発表した「Advice on the use of masks in the context of COVID-19」でも説明されているとおり、新型コロナウイルス感染者が着用した場合、飛沫が周囲に拡散されるのを防ぐことができるとされています。

また、これまで健康な方が着用するマスクの予防効果は限定的だとされていましたが、TEXAS A&M TODAYが発表する「Texas A&M Study: Face Masks Critical In Preventing Spread Of COVID-19」によれば、統計的にはマスク着用によって新型コロナウイルス感染者が大幅に減少すると推測されています。

そのほかの新型コロナウイルス対策を行いつつ、従業員同士や顧客にマスクを着用するように促すと良いでしょう。

室内を換気する

3つの密を回避する対策の一環として定期的な換気が求められているのが現状です。前述した首相官邸が発表する「3つの密を避けるための手引き!」によれば、2方向の窓を毎時2回以上、数分間換気することが推奨されています。

しかし、これはあくまでも目安であり、適切な換気の頻度は部屋の大きさやその部屋にいる人数によって異なるため、具体的な換気の頻度を知りたい方は換気回数を計算しましょう。

また夏では特に使用頻度が高くなるエアコンですが、エアコンでは換気ができません。

感染リスクを低減させるために窓や換気扇を使って定期的な換気を行うと安心です。

詳しく新型コロナウイルスにおける換気や換気回数の計算式を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルス対策における換気の基本と推奨される理由

BCP・防災マニュアルを策定する

万が一、オフィスや店舗で集団感染が発生した場合に備えてBCP・防災マニュアルを策定しておきましょう。

BCPとは災害や事故など事業におけるリスクが発生した際にその被害を最小限に抑えて、事業の継続または早期復旧を図るための計画のことです。

事業のリスク発生時にBCPが策定されていなければ、適切な対応が取れないことで事業の復旧が迅速に行えないばかりか、初動対応に遅れが生じ、さらなる被害へ発展するおそれがあります。

従来のBCPは今ある経営資源をもとにシナリオベースで策定されている傾向がありますが、新型コロナウイルスによって想定以上に経営資源が不足する事態に陥るおそれがあるので、経営資源にリスクが発生した場合の対応も定めておきましょう。

ここでは簡易的な紹介となりましたが、さらに詳しくBCPを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

コロナ禍でBCPが重視される理由と策定する上でのポイント

新型コロナウイルスや自然災害などリスク情報で活躍するFASTALERT

新型コロナウイルスや自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

しかしリスクには自然災害だけでなくシステム障害、事故など多くのリスクがあり、被害を抑えるために多くのリスクを収集しようとすればするほど、人的・時間的コストがかかりますし、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

【FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

まとめ

今回はコロナ禍における企業活動の基礎知識と企業活動を行う上で感染リスクを低減させるための対策を紹介しました。最後にもう一度おさらいすると本記事の重要な点には、次の3点があげられます。

この記事を参考にして適切な新型コロナウイルス対策を実施しましょう。

NewsDigestのご紹介

現在「NewsDigest」では、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」特設ページを公開しています。

全国の感染者数状況をグラフ化して、どのメディアよりも最速でお届けいたします。

さらに国や自治体、企業からの発表について、公益の観点から「感染事例が報告された場所の情報」を集約・整理して、地図で確認できるようにしています。(画像は一部加工しています)

※「感染事例が報告された場所の情報」を地図でご確認いただくには、無料スマホアプリのダウンロードが必要です。

>> iPhone版「NewsDigest」
>> Android版「NewsDigest」

  • シェア:
×

自然災害や風評など幅広いリスクを一元的に収集・分析するFASTALERT 災害時、必要な情報を素早く入手するには?

スマホ画像